皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
 またまたネットで見つけたお話。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
『父からのメール』
去年3月に定年を迎えた父に兄と私で携帯電話をプレゼント。
退職前は携帯などいらんと言っていたがうれしそうだった。
使い方に悪戦苦闘の父に一通り教えてまずメールを送ったが
返事はこなかった。
その6月に脳出血で孫の顔も見ずに突然の死。
40年働き続けてホッとしたのはたったの2ヶ月。
葬式後父の携帯に未送信のこのメールを発見した。
最初で最期の私宛のメール。
私は泣きながら送信ボタンを押した。
「お前からのメールがやっと見られた。
返事に何日もかかっている。
お父さんは4月からは毎日が日曜日だ。
孫が生まれたら毎日子守してやる。」
私の一生の保護メールです。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 泣いちゃいましたよ。
 号泣です。
 僕の親父も孫の顔は見られたものの一昨年なくなりました。
 一年も孫との時間を過ごせなかった。
 でも僕が娘の写真を携帯で撮って見せると、
「その写真送ってくれ」と決まって言い、
 言われた通りにに送ると、うまく動かない指で必死に携帯電話のボタンを押していた。
 でもやっぱり決まってこう言う。
「ちょっと見れるようにしてくれ」
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 満足そうに携帯画面を眺めるときは絵に書いたように目尻が垂れていた。
 亡くなる前日も、病室に入ってくるなり、息子である僕よりも孫を嬉しそうに眺め、孫の名前を嬉しそうに呼んでいた。
 親父も子守したかっただろうな。
 いやいや、実際に今もあたたかい目で見守ってくれてるんだろうな。
 ってなわけで、ちょいとしんみりしちゃいましたが、本日は花の金曜日!
張り切ってまいりましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア