皆さん、こんにちは!

『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

 

 

娘が手を振ってくれるんですよ!

 

 

何とも嬉しいのか切ないのか…

 

 

複雑海峡を小舟で渡っているような感覚です。

 

yamanaka5

 

 

前にも話した通り、僕が娘を保育園へ送って行くんですよ。

 

 

前まではしがみ付いて、

 

「いやだー!お父さんがイイ!一緒に居たいー!」

 

みたいな感じでした。

 

後ろ髪ひかれながら、先生にお願いして保育園を後にするんです。

 

 

でもここのところ、あの子ったら泣かない!

 

バイバーイ!

 

少しだけ淋しそうにはするものの、バイバーイ!

 

 

14-02303

 

 

でもこれが子供の成長ってやつですよ。

 

いつまでも泣いていてもらっては困る!

 

でも自分から離れてゆくのも淋しい!

 

 

娘よ!

 

この小さな別れを繰り返しながら、お父ちゃんも大人になって行くんだ。

 

やがて君はドンドンお父ちゃんから離れてゆくのだろう。

 

それでいい。

 

そして自分の世界を広げるんだ。

 

君の世界はこの現存する世界よりもずっと広い。

 

可能性に溢れ、さらに零れ落ちたものさえ、すべて君の世界だ。

 

 

その世界を君の背中から観させてほしい。

 

困ったことがあったら、時々振り返ればいい。

 

何もできないかもしれないけれど、

 

お父ちゃんは君の味方だ。

 

ずっと君の背中を観ている。

 

そしてずっと君の父親であることに誇りを持って生きている。

 

 

保育園での別れ際、

 

たくましく振られるその小さな手に、

 

大きな世界を感じた。

 

帰ってきたら、その雄姿をたたえよう!

 

容赦なく厳しい父より!

 

 

ill01_kame

 

 

ってなわけで、本日もかなり張り切っているわけですよ!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア