皆さん、こんにちは!

『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

 

 

八月二十六日ですね。

 

かなり感慨深い。

 

親父が他界して丸3年です。

 

昨晩も今朝も仏壇に手を合わせながら、何だか色々考えちゃいましたよ。

 

早いような永いような何とも言い難い3年。

 

先日は当時の売り上げ見ながら涙出てきましたもん。

 

本当にキツイ夏だった。

 

売り上げは急降下の中、親父の病院へは毎日通い、娘は生まれたばかり。

 

二進も三進も行かない状態で、毎日苦しくて仕方なかった。

 

何万円もするサプリや500ml3000円くらいの奇跡の水を買い込んだり。

 

縋れるものがあればどんなものにも縋りたかった。

 

ヘロヘロに弱って、でも毎日何とか力を振り絞って、仕込みを終えて事務所に向かうと掃除をしているはずの、色々任せていた従業員が寝転がって携帯をいじってった。

 

自分の不甲斐なさに怒りも無くて、只々情けなかった。

 

家内も初めての育児と親父の世話とで疲弊しまくってた。

 

でもそんな中で、ある人に言われた言葉には本当に救われた。

 

「君が後悔しないことが最も大切なことだ。親父さんの事はとにかく君が後悔しないように何でもやりなさい」

 

人には己の力ではどうにもならないことがある。

 

その時初めてそれを学んで、事の中心に確りと自分を置くことを考えた。

 

毎日親父に会う。サプリも水も買う。馬鹿げたこともとにかくやる。

 

結局親父はサプリも水も飲んでなかったけど。

親父が一番落ち着いてた。

 

あれから3年経った。

おかげさまで店の方は何とかなっている。

 

本当にたくさんの人に支えられながら、何とかやっている。

 

事の中心に自分を置くことは、他責ではなく自責で生きること。

 

いつも仏壇に手を合わせながら、親父に自慢することばかり考えている。

 

どうだ親父、凄いだろ!

 

いつも、まだ、親父に褒められたいと思っている。

 

今朝方も病室で握りしめた親父の手の感触を思い出していた。

 

親父をライバル視する自分と、甘えている自分が今でも心の中で共存している。

 

まだまだ思い出せる。

 

不思議だね。

 

ちゃんと親父越えしないとね。

 

どうだ!って言わないとね。

 

それが一番の親孝行だね。

 

ちゃんと、皆幸せにできる男になるぜ!

 

じれったいかも知れないけど、ちゃんと上だか下だか分らないけど、どこかで見守っててよね!

 

 

ってなわけで、本日もセンチメンタルだけど張り切っているわけですよ!

(o^-’)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア