皆さん、こんにちは!
『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

今日はネットで見つけたいい話。

*+☆+*――*+☆+*――*+☆+*

 

[祖父の誓い]

 

三年前死んだ祖父は末期になっても、一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪める ほどの苦痛に耐えながら死んだ。

 

体中癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)や娘たち (伯母)が懇願しても絶対に首を縦に振らなかった。

 

葬式の後、親しかったご近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた。 祖父が生前用意していた物だそうだ。

手紙の中には自分が家族を悲しませ、苦しませるのを承知で苦しみながら死んだ理由が書かれていた。

 

20年近く前、孫の一人が生存率20%以下の難病で闘病していたとき、祖父は神様に誓った のだそうだ。

 

自分は今後どんな病気や怪我になろうとも、絶対に医者にもかからないし薬も飲まない。

だから孫を助けてくれ、と願を掛けたのだそうだ。

幸いその孫は無事手術も成功し、成長して成人もした。

孫の成長を見届けることができたのだから、もう思い残すことはない。

あとは神様との約束を果たすだけだ。

だから家族は悲しまないで欲しい。

自分は満足して一生を終えるのだから。

 

そう綴られていた。

 

 

孫は当時一歳にもならない赤ん坊で、病気だったことも覚えていない。

祖父は自分の決意を貫いて一生を終えた。

その孫である兄は葬儀でわんわん泣いていた。

もちろん、兄弟もみな泣いた。

 

うまく書けないのが悔しいなあ。本当に祖父はすごい人だったんだよ。

 

 

*+☆+*――*+☆+*――*+☆+*

 

なんか凄いですよね。

 

神様との約束とは自分自身との約束でもある。

imag111es

目に見えない、誰にも口にしていない約束を守ることは本当に大変だと思う。

孫の成長を誰よりも強く思う気持ちが伝わってきますよね。

 

実は僕も親父が病院に運ばれてから一日も休まず事務所のトイレ掃除を続けている。

初めは縋るような思いの願掛けだった。

どんな事でもどんな形でも、誰でも良いから親父を助けて欲しかった。

何万もするサプリを買ったり、1本300円する水を買ったり、何でもいいから助けて欲しかった。

結局親父は飲んだと嘘をついてそんなもの飲んでもいなかった。

運ばれて3か月であっけなく他界した。

 

でも今でも僕は事務所のトイレ掃除を続けている。

もう願掛けではなくなっちゃたけど、何だか当時の親父との接点でもあるような気がして、トイレ掃除にしがみついている。

僕は弱さの裏付けとして縋っているんだけど、このお爺さんは凄いな~。

本当に強い。

こういうのが家族を守る強さだと思う。

 

こんな爺さんになりたいな!

 

 

ってなわけで、本日も張り切りまくっているわけですよ!

(o^-’)b

イェイ!

 

 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア