皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「絶望的な状況というものはない。人が状況に対して絶望的になるだけだ。」

 劇作家、クレア・B・ルースの言葉です。

 本当にその通り。

 

 状況は皆同じように降りかかる。

 でも結果が何故違うのか。

 これもよく仲間たちに話すことです。

 どんな悲惨なこと。

 自分に非がないような状況。

 天災もそうだし、不景気もそうです。

 みんなに降りかかるこれらの状況の中で、どうして結果が違うのか。

 同じ被災した状況の中で、もう駄目だと絶望してしまう人。

 よし、ここからだ!と歯を食いしばる人。

 五年後、十年後の姿はかなり違うことでしょう。

 これは単純に心の持ち方の違いです。

 人としての能力の違いなんてほとんどない。

 大切なのは、起きた状況を受け入れどうしたいのか考えることです。

 神様は全てを奪うかのように見えて、絶対にすべてを奪うことはありません。

 では神様は何を残してくれたのか。

 これに気がつくかどうかです。これが好転することの糸口です。

 世界で一番不幸だと信じて疑わず、十年近く僕はいじけて生きていました。

 そこからでられたきっかけは、状況を冷静に受け入れたこと。

 とにかく理想的な状況へ一歩踏み出したこと。

 そして、自分は幸運だと信じてみたことでした。←前回話した良かった探しです。

 ってなわけで、本日もいつも通り張り切っているわけです!

 

(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア