皆さん、こんばんは!
 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!
 『有路地より 無路地に帰る 一休み  雨降らば降れ 風吹かば吹け』
 一休宗純の言葉です。
 仏道に入り、禊ぎをする時です。
 住職が剃髪のための剃刀を頭に当てます。
 通常ならばここで手を合わせ、お礼を言います。
 しかし一休は礼を言いません。
 住職から何度も促されるとむくりと立ち上がり、仏像を睨み付け、この言葉を言うのでした。
 一休まだ五歳。
 欲のある道より、無欲の道に入るそのひと時。今、空の自分にどうしてお礼を言うことができましょう。渇!
 これが一休という名の由来です。
( ・(ェ)・)
 何となく、書いてみました。
 今晩は天気荒れていますね。
 雨降らば降れ。
 風吹かば吹け。
 ってなわけで、皆さん今日も一日お疲れ様でした!
 お休みなさいませ!
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア