皆さん、こんにちは!

『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

 

 

 

 

「花はその主の心の色に咲く」

 

 

 

日本の諺です。

 

 

花を美しく思うのも、疎ましく思うのも観者の心の色しだいです。

 

花はただそこに咲くだけ。

 

ただひたすらに咲くという仕事を、命を全うしているだけです。

 

 

二十年くらい前の僕は花は疎ましかった。

 

煌びやかなものに嫉妬し、楽しそうな人も否定的な気持ちで観ていました。

 

何も面白くなかった。

 

恨み言なら山ほど言う自信があった。

 

 

つまり何よりも、自分自身が面白くない人間だった。

 

ただひたすらに咲くことを僕自身が良しとせず、人の評価が気になったり、常に自分を自信を計ったりしたかった。

 

 

しかしその当時の人の評価も、都合が悪ければ否定したに違いない。

 

色彩を欠いた心は、結局全てをくすんで見させるだけだ。

 

それも己の仕業とは気づかずに。

 

 

 

かなり時間を掛けてしまったが、ある時思い立って目標を持った。

 

夢と云っても構わない。

 

結果を恐れず、ひたすら咲いてみようと思った。

 

面白いことに、世界は色とりどりに輝き始めた。

 

今いるこの場所が実に楽しいことに気が付く。

 

そんなとき、世阿弥の言葉に出会った。

 

 

「花は観者の心に咲く」

 

 

人の評価に惑わされず、ひたすら咲くことで周りの世界に花を咲かせる。

 

そんな生き方が出来たらどんなに素敵なことか。

 

 

誰のためにとか、かっこいい事を言う前に、まずひたすらに咲き誇らなくては!

 

 

139946786410408445228

 

 

頑張ります!

 

 

 

ってなわけで、本日もひたすらに張り切っているわけですよ!

(o^-‘)b

イェイ!

 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア