皆さん、こんにちは!

『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

 

 

またまたネットで見つけた手紙です。

 

 

*+☆+*――*+☆+*――*+☆+*

 

『勲章』

 

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね

私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだんですね

私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね

借金を返すために昼はパート夜は居酒屋で仕事の毎日でしたね

保育園では遠足のおやつは雑穀のおはぎでしたね

小学校の給食費を払えない月もありましたね

修学旅行のおみやげはご当地キーホルダーだけでしたね

中学の制服は親戚のおさがりでしたね

高校のお弁当はいつもご飯に梅干しと海苔でしたね

無理を承知で大学行きたいと頼んだ時、あなたは反論しませんでしたね

ごみ処理場から捨てる予定の参考書をもらいに行きましたね

お金がかかるから私立は受けられず、国立専願受験でしたね

センター試験の前日には初めて特上寿司を食べさせてくれましたね

センター試験に失敗したけど、あなたは最後まで諦めないよう励ましてくれましたね

前期に落ちて、一度私は自殺しかけましたね

あなたは怒ることもなく、ずっと私に謝り続けていましたね

私もあなたにずっと謝り続けましたね

そして私は気持ちを切り替えて

その後頑張って勉強して、なんとか後期に合格することが出来ましたね

あなたはずっと「おめでとう、おめでとう」と泣き続けてくれましたね

でもあなたは入学の準備の時に急に倒れて病院に運ばれましたね

医者が、癌が全身に転移していてこれから一週間が峠だと告げましたね

私がただただ泣き続けている時にあなたは

「この体の傷や癌の一つ一つがあなたを育てあげた立派な勲章なのよ」

と微笑みながら言いましたね

あなたは最後まで泣くことも苦しむこともなく、静かにこの世を去りましたね

今私は医者になるために毎日一生懸命に勉強していますよ

あなたの命を奪った癌に苦しむ人々を治療して助けたいから

私が育った環境は決して恵まれてはいなかったけれど、

あなたに生まれ、

育てられて本当によかったよ

ありがとう、お母さん

 

 

*+☆+*――*+☆+*――*+☆+*

 

 

号泣です。

 

お昼に号泣ですよ。

 

すごく素敵な親子ですね。

 

 

僕も3歳の娘を抱きしめるとき、いつも思っています。

 

この子は自分のものじゃない。

 

この小さな身体の大いなる人生を今だけ僕が預かっているだけだ。

 

この子がしっかり羽ばたけるように、一緒に大切に準備しなくては。

 

そのために、自分の言動には気を付けよう。

そのために、自分の行動には気を付けよう。

そのために、父親としての判断に繊細な注意を払おう。

 

堅苦しく聞こえるかもしれないけれど、僕が見ている世界は娘が大きく羽ばたく幸せな世界です。

 

もちろんまだまだです!

 

病気でまだ死にたくはないけれど、このお母さんのようにたくさんの勲章に自分を誇りながら生きて行きたい。

 

真に格好良いお父ちゃんで在りたいと娘の温もりに誓っています。

 

何せ子供は親の羽ばたき方をちゃんと観ていますからね!

 

 

images (1)

 

 

 

ってなわけで、本日も大きく張り切って参りましょう!

(o^-‘)b

イェイ!

 

 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア