皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 ちんこうをがっついています!
 ちんすこう・・・
 たぶん小学二年生の僕が聞いたら大喜びの単語でしょうね。
 何度も繰り返すでしょうね。
 「ちんすこう!ちんすこう!」
$東岡崎 明月の社長ブログ
 で、wikiっちゃいましたよ。
その由来には諸説ある。
中国には桃酥という同種の焼菓子が存在し、その昔中国南部で作られていたと言われている小麦粉に砂糖とラードを加えて蒸したカステラのような蒸し菓子が、沖縄県の気候や原料に合わせて創作されたという説や、ポルトガルの焼き菓子であるボーロがシルクロードや海路を通じて伝わった説などもある。
また菓子例帳には現在と異なり、ちんすこうは赤、黄、緑の着色がされていたとある。
スペインに古くから伝わる祝い菓子のひとつポルボロンは、材料や食感などにおいてちんすこうとの共通点が多い。
以前は米の粉(みじん粉)を使用していたとされる材料も小麦粉へと変化している。
また漢字表記の金楚?は、「黄金色に輝き(金)、ほどけるような口当たりの(楚)焼菓子(?)」という由来を持つ。
名称のよく似た蒸し菓子のちいるんこうを焼いたものがちんすこうとなったという説もある。
 だって。
 シンプルなんだけど、気になるアイツ。
 美味しいんですよ。
 ちんすこう。
 ちんす、こう。
 ちん、すこう。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 沖縄はたぶん凄いところだ!
$東岡崎 明月の社長ブログ
 予想以上のはずだ!
 ちんすこうに♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪!
 合掌!
 ってなわけで、本日花の金曜日!
 予想以上に張り切ってまいりましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア