皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「気の小さい馬を見たことがあるか。しょげかえった小鳥を見たことがあるか。馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に“いいかっこう”を見せないからである。」
 作家でビジネスセミナー講師、デール・カーネギーの言葉です。
 
 僕はよく仲間たちに言うことがあります。
 格好良い人というのは、格好良いのであって、格好つけているのではない。
 偉い人というのは、偉いのであって、偉そうにしているのではない。
 これは身の丈以上に無理をすることは無いと言いたいのではなく、自分を虚飾したところで、すればするほど自分から離れていくよという事です。
 もちろん自分から離れた自分ほど、虚しい者はありません。
 結局自分ではないのですから。
 本人は認めて欲しいばかりに虚飾するのですが、仮に認められたとしたところで、自分ではない。
 その虚しさが、つまりは不幸であるということです。
 なんて言いながら、僕もよく自分を飾ってしまいます!
 まだまだ未熟者!
 媚びない。偉ぶらない。蔑まない。
 思春期の頃から必死に唱えています!
$東岡崎 明月の社長ブログ
 まだまだ発展途上の38歳男子!
 いい加減大人になりなさい!
(*゚ー゚)ゞ
 ってなわけで、本日も自然体で張り切ってまいります!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア