皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「私が自分だけのために働いている時には、自分だけしか私のために働かなかった。しかし、私が人のために働くようになってからは、人も私のために働いてくれたのだ。」

 アメリカの大統領、フランクリン・ルーズベルトの言葉です。

 これって本当にその通りです。

 ほんの少し、仕事の中に広い視野を持つと見えてくるものが全然違います。

 自分だけのために仕事をすれば、自分だけの評価が気になり、周りは邪魔に思えてくることでしょう。

 しかし、人のための仕事は善の循環を生み、人から必要とされます。

 僕は商売の原点はここにあるのだと考えています。

 誰かに必要とされなかったり、誰かの役に立たないものは商売ではない。

 同じように、自分のためだけにする仕事は、仕事のうちには入らないと考えています。

 まず自発し、与える心構えがなくては、善の循環もありえません。

 こと飲食店は喜ばれなければ、存在する意味がなくなってしまいます。

 なくてもいい。いなくてもいい。

 こんなに悲しい存在はありませんよね。

 仕事とは人のためにある。

 もう一度腹に落とし込んで事に当たらなくてはいけません!

 ってなわけで、本日も元気いっぱい張り切っております!

(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア