無言の黒い雨。心躍る星降る街角。

投稿者: | 2013年2月2日

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 最近すごく思うんですよ。
 これ知りたいな!とか、これ悩んでるな~とか。
 う~むぅ、ん~
 みたいな悩み。
 その答えが読んでる本から出てくるんですよ。
 もっと言えば、自分が思っていても言語化できなかった言葉が見つかるんです。
 大いに頷くワード、そうそう!それだよそれ!
 みたいな感じ、すごく多くなってきました。
 中学の頃、担任の先生が僕の誕生日に一冊の本をプレゼントしてくれました。
 井伏鱒二の『黒い雨』
 $東岡崎 明月の社長ブログ
 もちろん当時の僕は本なんて一冊も読んだことがありません。
 先生もそこは重々承知。で、先生は僕に言うんです。
「藤原。読まなくても良いぞ。でもな、本棚には仕舞っとけ。本ってのはな、向こうから語りかけてくる。お前が読むべき時に、向こうから語りかけてくれるよ。」
 最近この言葉がビシッと当てはまるわけです。
 僕が欲しがっている情報を、本が与えてくれる感じ。
 実はその恩師は昨日も店に来てくれました。
 今は校長先生です。
 昔とちっとも変わらず、偉ぶらない。
 子供みたいに無邪気で、時々一緒に酒も飲んでくれる。
 親父の葬儀のときはいつの間にか聞きつけて、静かに参列してくださった。
 49日の前に焼酎のボトルを持ってきて、これ親父さんにな、なんて照れくさそうに帰っていく。
 昨日は他の先生に「これ俺が一番ダメだった時の生徒。この店の大将。」照れてるのか酔ってるのか、顔を真っ赤に話していました。
 これも中学の頃、先生が言っていました。
「先生思うんだが、英雄ってのはいつもハンデを背負ってるんだよ。ハンデを背負うと英雄になれるんだよ。」
 この言葉。辛い時にはいつも思い出していますよ。
 修学旅行の時のバスで先生が本気で熱唱していた「星降る街角」
 あのイントロ聞くと、今でもワクワクするよ。
 そんなわけで、話は長くなりましたが、週末ソウルです!
 敏いとうとハッピー&ブルー
 「星降る街角」です!

 でも先生!
 先生のくれた『黒い雨』まだ語りかけてこないよ!
 いつも無言!
 まだ1ページも読んでません!
γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
 ってなわけで、週末も張り切ってるわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください