皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰も打てない。出ない杭、出ようとしない杭は、居心地は良いが、そのうちに腐る。」
 実業家、堀場雅夫さんの言葉です。
 僕が社会人になったとき、社の上層部の人にも同じようなことを言われました。
「出る杭は打たれる。出ない杭は伸びない」
 当時の僕にはとにかくしっくり来る言葉で、以来常に出る杭であろうと、身の丈以上の仕事をこなそうとやってきました。
 仕事というのは、言われた事をやるだけでは出ることは出来ません。仕事を頼む相手なり上司は、あいつならこれくらいは出切るだろうと仕事を与えるからです。
 仕事は捕りに行く。これも修行時代学んだ大切な教えです。
 それも取りに行く仕事は身の丈以上のもの。
 身の丈以上の仕事は、とことん僕を叩きのめしますが、僕の身の丈を僅かばかり大きくしてくれました。
 出る杭は打たれる。当然です。たくさん叩かれます。
 でも出ない杭は、腐ってゆきます。
 それも大抵その杭は、自分の腐敗に気が付きません。
 仮に気づいたとしても、何故なのか分からず、周りのせいと決め込みます。
 出すぎた杭になる。
 ちょっと最近、行儀が良すぎたような気がします。
 今一度尖って行きます!
 そう自分に言い聞かせたところで、、、、
 本日も大いに張り切ってまいりましょう!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア