皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 久しぶりの明月逸語です!
 このコーナー実はすごく反響のある人気のコーナーです。
 しばらくお休みしていましたが、ゆっくりスタートです!
「寒い冬の日、二匹のヤマアラシがお互いの体温で体を温めようとした。しかし、彼らの身を守るトゲが邪魔になって抱き合うことができなかった。」
 ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの言葉です。
 有名な寓話。ヤマアラシのジレンマですね。
 人が暖め合うときもまさにそうで、近づきすぎれば傷つけ合い、離れすぎれば凍えてしまう。
 うまく距離をとること、あるいは身を守る心のトゲを纏わずに抱き合う。
 僕達はお客様との心地よい距離を探り続けなくてはいけません。
 
 ってなわけで、今日も張り切って暖め合うわけです!
 あくまで、心地よい温度です!
(^_^)v
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア