皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 「ぜひ初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。」

 世阿弥の言葉です。

 実に深いです。

 ここで言う初心とは、「初めの志」ではなく、「初めて出会う心」のことです。

 新鮮な感動と言えば良いんでしょうか。

 新しい局面での感じる心です。

 人は局面の変化に怯えてしまいがちですが、ぜひその変化に感動しなさいと言っているようです。

 そうすれば、老いてゆくことも、新しい環境の変化も、感動に変わるのかもしれません。

 ってなわけで、ここのところの忙しさが楽しくて仕方が無いです!

 本日も張り切ってまいりましょう!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア