そして明月は始まりました!

投稿者: | 2011年2月10日

 皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 豚もつ鍋 明月』の藤原です!

 先日お話したメニューストーリー、良く考えたらその前に書くことありましたね!

ヽ(゚◇゚ )ノ

 『店名は、なぜに「明月」なのか?』

 さて、さかのぼること32年前!

 一番最初の明月は、岡崎市美合町に開店します。

 当時私は4歳。

 もちろん当時の店主は親父(現大将)。

 そこで、大将に突撃取材!

 僕:どうして店名が明月なの?

 大将:前にやっていた人が明月館だった。

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

 つまりこういうことです。

 もともとあった明月館という居抜きの店舗で、資金のなかった親父は飲食店を始めたそうです。

 美合町の明月は開店当時、ろばた焼でスタートします。

 途中200円ラーメンをやったり、パチンコの景品交換所をやったり、紆余曲折しながら契約上の問題で、3年で惜しまれつつ閉店。

 一時、生ビールの売り上げは岡崎市一だったそうです。

 そして14年後、東岡崎駅の北ガードのすぐ横に『居酒屋明月』は開店します。

 僕は21歳のときです。

 そして、そして、そのまた15年後、移転を果たし、『東岡崎 豚もつ鍋 明月』となり現在に至るわけです。

 屋号の成り立ちはどうあれ、『明月』!今は愛着を持って使っています!

(‐^▽^‐)

 なんだかちょっとした歴史ですね!

 ってなわけで、本日の東岡崎は晴れています!

 風は冷たいですが、陽射しは暖かいです!

 連休前の木曜日!

 元気に楽しく、営業です!

(o^-‘)b

イェイ!

東岡崎 もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください