すごい雨ですね。恵みの雨です!

 こんな天気でも元気にいくのが『明月』流です!

 てな訳で雨とはまったく関係ないですが、これまた修行時代の話。

 修行時代なのに彼女がいました。

 そこのところもしっかり修行中なのです。ヘ(゚∀゚*)ノ

 彼女は同期入社の中でもなかなかの人気者でした。

 したがってライバルも多い。

 僕が頑張って修行したのは、彼女を狙うやつらに負けたくなかったからなのです!(=`(∞)´=)イェイ!

 厨房では料理用語はフランス語が飛び交います。

 知らない単語はこっそりとメモを取って、帰宅してから意味を調べます。

 毎日がそんなことの繰り返し。

 分からなければ、仕事がもらえません。

 しばらくすると悪知恵が働きます。

 意味など分からなくても、その単語を使ってしまえばよいのです!(`・ω・´)

 あるとき上司に頼まれます。

 「藤原。1階のベーカリーに言ってポワルもらってこい』

 「分かりました!」

 自信満々、意気揚々の僕。ポワルですね!ポワル!

 ベーカリーに着くと早速。

 「すんません。ポワルください!」

 コレでいいのだ!ポワルが何か分かりません。でも鸚鵡返しに繰り返し、渡してもらったものがポワルなのだ!v(^-^)vイェイ!

 でもベーカリーの先輩は聞き返します。

 「藤原。ポワルか?ポワールか?」

 ?????????(?_?)

 ポワル?ポワール?ポワル?ポワール?

 ポワール?ポワル?

 迷うな俺!言っちまえ!

 「ポワールです!」

 さて渡されたものは、洋ナシの缶詰。

 意気揚々と持ち場に戻り、上司に洋ナシの缶詰を渡します。

 「ポワール持ってきました!」自信満々です!

 上司の顔色は見る見る変わり、洋ナシの缶詰を投げつけられます。

 「藤原ーーーーーーーっ!」

 そして後ろからはベーカリーの先輩がやってきて、僕の後頭部をフライパンで殴る!

 正解は、ポワルです。

 ポワルはフライパンのことです。

 そして知ったかぶりは後頭部に響きます!

 懐かしい痛みです。

 イェイ!(b^-゜)

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア