東岡崎居酒屋のちゃんこストーリー!

皆さん、こんにちは!

『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

 

 

3月のこの時期になると淋しい知らせもチラホラ届くんです。

 

 

ご縁を頂いたお客様からの転勤のお知らせ。

 

お客様たちはそれぞれに出世の道を行かれていますので、仕方がないとはいえ、やっぱり淋しい!

 

img_0

 

行ってラッシャーーーーイッ!

 

 

またいつか会いに来てくださいね!

 

 

そしてまた三月四月は節目の歳でもありますよね。

 

そんな中、嬉しいお知らせが!

 

元アルバイトの航大君が、とうとう大相撲の世界に!

 

これは本当に嬉しい!

 

航大君のバイト時代のなるほどエピソードはコチラをクリック!

 

 

そんな状況で明月では2カ月ほどアルバイトをしてくれました!

 

 

でも大学相撲の世界では持病のヘルニアに悩まされ、ほとんど相撲が取れない状況に!

 

相当悩んだ大学生活。

 

帰省の度に色々話を聞かせてくれましたが、こちらの胸が苦しくなるくらいの苦悩の日々でした。

 

状況が変わったのは大学4年生の時。

 

ヘルニアの手術を受ける決心をしました。

 

手術は無事成功。

 

迎えた最後の大会も価値ある一勝をすることが出来ました。

 

そして相撲ともしっかりとお別れをし、某有名企業にも就職も内定し、春からは会社員として世界をまたにかけるはずでした。

 

しかし友達の誘いで参加してみた相撲部屋の稽古で、相撲人としての気持ちがまた再燃しました。

 

そしてまた苦悩の日々。

 

何せ就職は内定し、研修も始まっていました。

 

昨年末に事の顛末を聞き、僕は彼の背中を押しました。

 

「思ったようにした方が良い。半端な気持ちで就職してももっと会社を困らせてしまう。」

 

僕自身が過去の過去にも言えることでした。

 

僕はそれで十年近く周りの人間を傷つけ続けてしまった人間です。

 

航大君は内定した会社に事情を伝えました。

 

人事の担当者はかなり懐が深く、「会社としては残念だけれど、個人的にはあなたの道を応援します」と。

 

お父さんにも自分の率直の気持ちを伝え、一悶着。

 

しかしそこは長年二人三脚で頑張ってきた二人ですね。

 

確りと繋がっていました。

 

 

そんなこんなでこの大阪場所で、出世披露に!

 

16885_655559971214941_4138829863145995392_n

 

来場所からは序の口として番付にも名前が!

 

さすがは東海の突貫小僧の異名を持つ強者!

 

 

10930149_655559954548276_1570192740696962373_n

 

四股名は親方から『大司』(ひろつかさ)と頂いたそうです!

 

 

親父が生きてたらかなり喜んだだろうなぁ~

 

化粧回しも明月が作らなくちゃ!

 

まあ、でもとにかく、身体に気を付けて、志を高く、自分の信じる相撲道を邁進して欲しい!

 

東岡崎の片隅から応援しています!

 

名古屋場所には駆けつけたいな~

 

 

でもでも、時は春爛漫ですよ!

 

春と云えば…

 

 

 

AKEBONO

 

そう!

 

 

 

ってなわけで、心ウキウキで本日も張り切っているわけですよ!

(o^-‘)b

イェイ!

 

 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください