皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
 改めて、師走ですね~
 連日のバタバタ感が実に心地よいです。
 そうこうしている間に、クリスマスも終わり、いよいよ新年に向けての動きです。
 クリスマスはまたたくさん考えられさせられましたよ。
 日々是学びです。
 娘はまだ三歳になったところなので、まあ、プレゼントとかいいか。
 忙しさにかまけて、そんな風に考えていました。
 家は仏教だし。
 これは定番の晩の逃げ口上。
 店は人手が不足しているし、我が家は他に頼れるとことも少ない。
 仕方がないので、夜は娘を託児所に預けています。
 火曜日は近くの託児所がお休みなので、豊田の託児所に娘を預ける。
 今年の24日、クリスマスイヴは豊田の託児所でした。
 おかげさまで、24日も店はバタバタ。
 営業終了とともに、急いで店の片づけをし、豊田に向かいます。
 片づけをしながら、子どもの頃を回想していました。
 当時のうちはパチンコ屋さんを経営していて、それなりに裕福でした。
 両親もまだ揃っていて、でも毎日が忙しそうで、顔を合わせる機会は少なかった。
 「サンタさんに、何か欲しいもののお願いいはある?」
 母にそう聞かれて、大きな超合金のロボットの話をしました。
 それから母と姉と三人で、欲しいものを空に向かって叫びました。
 「サンタさん、よろしくお願いします!」
 クリスマスの日の朝、枕元には僕の身長ほどの大きなロボットが置いてありました。
 嬉しくて嬉しくて叫んでいました。
 両親がサンタさんがうちに来て、ロボットを置いて行ったのだと説明してくれました。
 それから家の窓を全開にして、大きな声で何度も叫びました。
 「サンタさん、ありがとー!サンタさん、ありがとー!」
 考えてみれば、それは三歳の記憶です。
 娘は今、三歳。
 胸の中に何かしこりのようなものを感じました。
 豊田の託児所に向かっている間、何度も記憶を反芻していました。
 そして、どこかにおもちゃ屋さんは無いのかと、真夜中なのに探してしまっている自分。
 途中のコンビニで、小さなぬいぐるみでもと探すも、見つからず。
 結局託児所に到着。
 荷物とともに、工作で作ったという小さなステッキを保育士さんに渡されました。
 「この魔法のステッキで、クリスマスツリーにみんなで点灯させたんです」
 娘の赤く上気し、喜んだ顔が目に浮かびました。
 帰りの車もずっと一つの想いが頭を駆け巡るばかり。
 岡崎に到着し、家のすぐ傍まで来たところで、助手席の家内が口を開きました。
 「コンビに寄らない?」
 僕はすぐに答えます。
 「プレゼント?」
 どうやら家内も同じ気持ちだったようです。
 目が覚めてしまった娘を僕が抱え、その間に、家内はコンビニでプリキュアのシールとトムとジェリーのDVDを買いました。その場しのぎになってしまったけど、我々なりに想いを込めました。
 帰宅し、家内は急いで仕舞い込んでいた小さなクリスマスツリーを飾りました。
 電池は切れていて電飾に明かりが灯らない。
 テレビのリモコンの電池を外し、ツリーに装着。
 娘に託児所で作った魔法のステッキを持たせ、明かりを灯すように促します。
 娘はステッキを振り上げ、「エイッ!」と元気よくかざします。
 同じタイミングでクリスマスツリーにパッと明かりが灯ります。
 娘は破顔し、「ついたーーっ!!」と叫びました。
 弾けたように、目を輝かせ、嬉しそうにステッキを振りかざしています。
 僕は何とも言えず恥ずかしかった。
 そして嬉しかった。
 ちゃんとしなくてはと、大いに反省し、考えさせられた。
 娘のその笑顔こそが僕の正義で、かけがえのない平穏だったではないか。
 大嫌いなクリスマスだけれど、僕は仏教徒だけれど、それがなんだ。
 娘が笑顔。
 それに勝る神がどこにいるというのだ。
 娘よ、お父ちゃんは大いに間違っていた。
 サンタさんは本当にいるよ。
 もしいないとするのなら、クリスマスにこんなに人を熱狂させ、賑やかにし、町鵜を華やかにさせるエネルギーをどう説明すればいい。
 これこそがサンタさんがいる何よりの証拠ではないか。
 サンタさんはお利口にしている子供たちの枕元にそっと現れる。
 得意の変身で、もっとも君たちを愛している人たちに姿を変え、現れるんだ。
 そしていつも君たちの行いを優しい眼差しで見守っているんだ。
 娘よ。
 来年のクリスマスは、君の本当に欲しかったものをプレゼントしよう。
 クリスマスツリーに明かりを灯し、ケーキを食べよう。
 君の喜ぶその顔がこの世で最も尊い、サンタさんからのプレゼントかもしれない。

 そんなこんなでお父ちゃんの反省の日々は続いています!
(o^-‘)b
イェイ!
 
 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア