皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
 日本には古くからこんな言葉があります。
 「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
 青島刑事の言葉です。

 そうなんです。
 事件は現場で起きているんです!
 そしてこの画像をよくご覧ください。
 青島刑事が握りしめているもの。
 それは、都民の安全と正義、そしてハンディマイクです。
 そう、ハンディマイク。
 明月店内のフロア間のコミュニケーションツールとしてもお馴染みです。
 ハンディマイクの使い方については、この画像をご覧の通りです。
 昨日の営業時間中の話です。
 ありがたいことに店内はバタバタ。
 地下厨房も、カウンター内もバタバタでした。
 そこに一本の電話が。。。。
 カウンター内の家内はお客様の対応に追われています。
 地下厨房の僕も火の車。
 早く電話に出ないと!
 僕は作業の手を一旦止めて階段を駆け上がります。
 家内も電光石火の素早さで電話に出ました!
 電話に出てくれた!
 僕は次の手に移ります!
 家内が仕上げた料理をエレベータに乗せて2Fに送ります!
 そしてハンディマイクを手に取り放送します!
 いや、叫ぶに近いほどのマイクさばき!
 「二階に○○送ります!!!!」
 でも僕の放送はスピーカーには乗りませんでした。
 その場で悲しく鳴り響くばかり。
 電話に出るぞと意気込んで駆け上がってきていたあまり、ハンディマイクを口元にではなく、電話のそれと同じように耳に当てて叫んでいました。
 誰もそんな僕の姿を見ていません。
 僕はこみ上げる笑いを抑えるのに必死。
 俺何やってるの?
 皆忙しいのに、俺何やってるの?
 事件は現場で起きてるんだ!!!
 
 そうなんです。
 すべての事件はここにあるんです。
 この事件は誰にも話してはいません。
 この場で初めて告白しました。
 日本にはこんな素敵な言葉が伝えられています。
「La La La Love Somebody tonight」←英語じゃん。
 皆さん、愛し合いましょう!
 ってなわけで、本日も激しく張り切っているわけです!
(o^-‘)b
イェイ!
 

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア