皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
「もし人生が二回あればお母さんの言う通りに高校へ行くけど、 一回しかないんだから自分の自由にさせてください。 」
 格闘家、船木誠勝さんの言葉です。
 舟木さんは高校入学が決まっていたにも関わらず、入学式前日にプロレス団体に入門してしまいます。この言葉はその時に母親に言った言葉です。
 確かに人生は一度きりです。
 人に言われた通り生きては、もったいない。
 ましてや自分の人生の責任を、誰かがとってくれるわけでもない。
 自分の人生は誰のものでもなく、自分自身のものです。
 とはいうものの、僕も親の言うとおりに自分の人生を生きていた時期がありました。
 判然としない毎日。
 納得などいくはずがない毎日。
 親の選択した道なので、できないのは親のせい。
 いやむしろ、これみよがしにできないことを証明していたようなものです。
 しかし、そんなことを証明したところで何の意味もない。自分の人生にとってはただのマイナスのみです。
 そのことに気がつくのに、僕は十年かかってしまいました。
 自分の人生は自分のもの。進んで責任を取り始めると、世界は全く違うように見えてきたものでした。
 もちろん結果は雲泥の差。
 不満なんて露程もなくなってしまいました。
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 ってなわけで、本日も“我がままに”張り切っているわけです!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア