雷鳴と、健やかなる奇跡

投稿者: | 2012年9月11日

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 昨夜布団に入ったのが2時半すぎ、3時過ぎに家内に起こされました。
 家内は僕の枕元に座っています。
 かなりご立腹の様子。
 「私がこうすればいいんでし!?」
ヽ(`Д´)ノ
 僕は判然としない意識のまま、訪ねます。
 「何の話?」
(゜д゜;)
 「だから私がやればいいんでしょ!」
ヾ(。`Д´。)ノ
 「何のこと?」
(゚_゚i)
 「もういい!」
(#`ε´#)
 家内は翻し、背中を向けて寝てしまいました。
 僕は訪ねます。
 「なんのことなの?」
 「だからもういいよ!」
 4時ころ、轟音で目覚ました。
ドッカーーーン
Σ(゚д゚;)
 戦争か?
 雷鳴でした。
 近くで落ちたんじゃないかってくらいの轟音。
 消防車のサイレン。
 しばらく雷鳴に絆されながら、先ほどの家内との会話を反芻。
 背中を向けたままの家内の背中。
 あの会話は何だったのか。
 諦めて眠りに就く。
 
 朝になり勉強っしていると、ランニングに出かける家内。
 僕に向かってご機嫌な様子で「走ってくるね」
 
 昨日の会話は?
 目が覚めて甘えてくる娘をあやしながら勉強。
 でも何だか不思議な違和感。
 ランニングから戻ってきて、朝食の支度をしている家内に質問。
 「昨日何で怒ってたの?僕にはちっとも解らなかったんだけど」
 ???
 「昨日僕の枕元に座って、怒ってたよ。すごく。」
 大爆笑!
 また家内が奇跡をお越しました。
 今度は座ったままの軌跡!
 寝言!
 すごいですよね!
 はっきりとした寝言でさえ驚きなのに、座ってるんですよ!
 もはや夢遊病?
 あのすごい雷よりショッキングだったんですけど!
ヘ(゚∀゚*)ノ
 それにしても、我が家は平和なのでした。
(;´▽`A“
 ってなわけで、本日も張り切って営業です!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください