覚えていて悲しむよりも

投稿者: | 2012年8月29日

 皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい。」

 イギリスの詩人、クリスティナ・ロセッティの言葉です。

 過去の嫌なことはついつい心に蓄積してしまう。

 そして溜め込んだものを蒸し返して嘆く。

 それならいっそ忘れてしまうほうがいい。

 忘れて笑っている方が人は集まるし、何より楽しい。

 自分の人生は捨てたものじゃない。

 過去の嫌なものに振り回されるのは、その世界に留まり続けるのと同じ。

 忘れてしまえば前進する。

 笑ってしまえば好転する。

 自分の人生は心持ち一つでどちらにも転べる。

 ってなわけで、本日も張り切って微笑んで参りましょうー!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください