ストレスの中で生成される糖度

投稿者: | 2012年8月22日

 皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「障害を避ければストレスは減るが、自分が生まれ変われるチャンスは逃す」

 ノウハウバンク代表、三科公孝さんの言葉です。

 障害という局面でのストレスって本当に辛いですよね。

 でもこれって本当にチャンス。

 そのストレスが強ければ強いほど上に伸びる反動になる。

 作用反作用の法則がここでも生きてきます。

 僕は料理人の端くれでもありますが、永田農法により育てられた美味しいトマトを食べたことがあります。

 ごく簡単に説明すると、原産地の環境に合わせることを前提として、トマトなら極限に水を与えずに育てるわけです。

 つまりいじめ抜いて育てる。

 そうすることでトマト内では信じられないくらい糖度が増し、類のない美味しいトマトが育つ。

 これはあらゆる生物が同じだと僕は考えています。

 辛い中、苦しい中で、人間もじっくりと糖度を増して生まれ変わっているのかもしれません。

 ストレスの中で生成されるチャンスという糖度。

 その実は信じられないくらいの旨みを醸し出すのでしょう。

 ってなわけで、本日も張り切っております!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください