皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 「目線を下げた仕事をするな。同時代が見て滑稽なものを作るな」

 映画監督、小津安二郎さんの言葉です。

 独特のローアングルからのショットを編み出した小津監督が言う、目線を下げた仕事をするな。

 味があるし、すごく深い言葉ですよね。

 目線を下げた仕事とは、人をさげすんだ仕事ですよね。

 (たとえば、安ければ良いだろうみたいなお店とかね!)←心の声!

 同時代が見て滑稽なものを作らない。

 つまり、良い意味でお客様と同じ目線を持つ事が、良い仕事につながります。

 安さだけに走らない。

 高くても手が届かなければ、存在しない。

 ローアングルからのショットは、日常をうまく切り取る絶妙な平行視点なのかもしれません。

 ってなわけで、本日も張り切ってまいりましょう!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア