皆さん、こんばんは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 今朝方、夢を見ました。
 なんと親父が出てきました!
(ノ゚ο゚)ノ
 親友が亡くなったときもそうでしたが、49日を過ぎたあたりで夢を見ました。
 象徴的なシチュエーション。
 親友のときは、BARのカウンターで横並びに座り、「そっちの世界はどう?」
 なんて、お互いの状況を把握しながら少しだけ会話。
 今朝方もやはり象徴的な場所。
 昔の家の浴室で湯船に浸かっていると、脱衣所からガタンと音が。
 脱衣所に出てみると、親父がそこに。
 元気なときと同じように、右手を上げニコやかな親父。
 「おーっ、元気か?」
 僕も何も動じずに近況などを話す。
 「そっちの世界はどう?」
 親父は痛みがないことや、元気にやっているよ、などと嬉しそうに言う。
 僕は親父に訊ねる。
 「親父に触れるの?触って良い?」
 親父が頷く前に、僕は親父の肩に触れ、思い余って抱きついてしまう。
 親父の嬉しそうな顔を最後に、そこからの記憶がない。
 起き抜けに家内にその話をすると、家内が嬉しそうに泣いていた。
 「良かったね。出てきてくれて。今日が本当の49日かなぁ」
 親友のときもそうだけど、偶然、今回も数えて49日。
 不思議なことがあるものだと、つくづく思う。
 でも本当に嬉しかった。
 それにやっぱり、僕は甘ったれだ。
 親父、また出てきても良いぜ!
(・ω・)/
 ってなわけで、皆さん今日も一日お疲れ様でした!
 おやすみなさいませ!
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア