皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 もう随分と昔の話のようにも感じますが・・・・。

 最初の手術の後、親父はかなり混乱状態にありました。

 かろうじて僕や家内や孫のことは解るようでしたが、記憶は過去現在混同、話は途中で飛んでしまい、痰が多く自分で処理できないため、いつも苦しそうでした。

 夜十時過ぎに携帯が鳴り、あわててでてみると病院からでした。

 親父が大声を出し、暴れて収まらない。

 息子を呼べと聞かないのだと言う。

 まだ営業中ということもあり、その旨伝え、1時から2時くらいにはそちらに伺いますと返答する。

 必ず来てくださいと念を押され、厳しい口調で電話を切られた。

 できる限り取り急ぎ、1時過ぎに病院に到着。ナースセンターで頭を下げ、担当の方と話す。

 落ち着いてはきていますが、私の言うことは聞いてくれません。

 病室に急ぎ、親父に声を掛ける。

 痰が苦しいのに、ちゃんと採ってくれないのだと僕に訴える。

 担当の看護士の話だと、採れた筈なのに、もっと奥まで採ってくれと何度もせがむらしい。

 「採れるだけは採ってくれてるみたいだよ。これ以上は管を奥には入れられないんだって。」

 不満そうな顔で、縋る様に僕を見る。

 「ねえ、看護士さん困らせちゃ駄目だよ。親父は何がして欲しかったの?その行動をとることで、親父の願いは叶い易くなるの?何かして欲しいときは、お願いします。して貰えたら、ありがとう。いつも笑顔でありがとうって言わないと、誰も近付かなくなっちゃうよ。」

 鼻からはチューブ、口に酸素マスク。仰向け状態の親父の目から涙がポロポロと落ちる。

 「ごめん。あの人に謝っといてくれるか。」

 「解ったよ。で、お願いしますと、ありがとうね。」

 また親父の目から涙。胸が苦しくなる。

 何かあったらまたすぐに呼んで下さい。看護士にもう一度謝り、付け加える。

 意識がはっきりと戻ってからも、それから親父が苛立つことは無くなった。

 看護士さんとも笑顔で話し、でも時々いないところでは、僕に愚痴ったりもした。

 「あの人、何でもすぐに忘れちゃうんだ。」

 僕は笑って、親父に応える。そうなの?

 孫である僕の娘を連れて行くと、親父は何より喜んだ。

 本当は連れて来ないで欲しいと言われていたけれど、迷惑を承知で、細心の注意を払い、僕は我侭を通した。

 娘が笑うと、親父は繰り返すのだ。

 「ありがとう。ありがとう。笑ってくれた。ありがとう。」

 親父はあの夜僕の言った事を守っている。親父のありがとうは、孫にもっと笑って欲しいとせがんでいるのだ。

 嬉しさと、心の苦さが混在する僕。親父の純粋さが胸に痛かった。

 早いもので、親父が死んでから昨日でひと月。

 早いのか?ものすごく長くも感じる。

 親父を思い返し、過去に行ったり、未来に行ったり。

 意識の時間軸が狂ってしまったみたい。

 今でも親父の祭壇の前で、娘と遊ぶ。

 娘がコロコロと笑うたびに、親父の声が聞こえてこないか期待している。

 今朝、家内に言われた。

 「お父さんに戻ってきて欲しい?」

 もちろん!と言いたい所だけど、答えはもっと複雑。

 また家族に負担を掛けてしまうなら、NO。

 元気だった頃の親父は、もっと家族に迷惑掛けるから、NO。

 ごめん、親父。悪いけど、そっちで元気にやってよね!

 そのうち行くから!

 もし、かりに、次の世があるなら、また親父の息子に生まれたい。

 ありがとう。

 おかしな話だけど、元気で!そっちから皆の事見守っててよね!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア