皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「ものごとにはすべて、二つの取っ手がある」
 ギリシャの哲学者:エピクトテスの言葉です。
 これって深い言葉です。
 とりようによっては如何様にもとれるんですが、藤原解釈!
 物事を一つの側面でやったつもりにならない。必ず、取っ手は二つあり、それを見つけた方がバランスがよい。
 仕事は少なくとも二つの側面から抱える。
 うまく伝えることが出来たか心配ですが、本日も張り切って参りましょう!
( ̄∀ ̄)

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア