皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 先日は陰暦の8月15日、十五夜でした。

 そして本日は西暦の9月13日、僕達夫婦の結婚記念日。

 ちなみに陰暦の9月13日は十三夜、この日の月も明月といいます!

 おっ!気付かれましたか?

 だから9月13日に入籍したのか?

 実は偶然です!

( ´艸`)

 特に見計らったわけでもなく、さあ入籍しようかって日がたまたま9月13日でした!

 当時まったくの貧乏で、結婚式もなし。指輪もなし。新婚旅行もなし!

 朝一でに婚姻届を役所に出し、そのまま店で仕込みをしていました。

 それが、9が13日です!

ヾ(@^(∞)^@)ノ

 ところで、巷では『明月』と『名月』どっちなんだと聞かれますよね。

 さてこの疑問に挑戦!

 でもこれってちゃんとした定義は無さそうなんです。

 皆さんの意見を総合すると。

 明月:明るく澄み渡った月。

 名月:同じく美しい月。かの月。

 つまり、どちらもきれいな月を表す言葉なんですが、名月の方はあの時の、とか、特別な意味合いのあるときに使うようです。

 

 なるほど!

(・∀・)

 ってなわけで、東岡崎の明月はいつもバンバンに輝いています!

(o^-‘)b

イェイ!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア