明月と名月!

投稿者: | 2011年9月13日

 皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 先日は陰暦の8月15日、十五夜でした。

 そして本日は西暦の9月13日、僕達夫婦の結婚記念日。

 ちなみに陰暦の9月13日は十三夜、この日の月も明月といいます!

 おっ!気付かれましたか?

 だから9月13日に入籍したのか?

 実は偶然です!

( ´艸`)

 特に見計らったわけでもなく、さあ入籍しようかって日がたまたま9月13日でした!

 当時まったくの貧乏で、結婚式もなし。指輪もなし。新婚旅行もなし!

 朝一でに婚姻届を役所に出し、そのまま店で仕込みをしていました。

 それが、9が13日です!

ヾ(@^(∞)^@)ノ

 ところで、巷では『明月』と『名月』どっちなんだと聞かれますよね。

 さてこの疑問に挑戦!

 でもこれってちゃんとした定義は無さそうなんです。

 皆さんの意見を総合すると。

 明月:明るく澄み渡った月。

 名月:同じく美しい月。かの月。

 つまり、どちらもきれいな月を表す言葉なんですが、名月の方はあの時の、とか、特別な意味合いのあるときに使うようです。

 

 なるほど!

(・∀・)

 ってなわけで、東岡崎の明月はいつもバンバンに輝いています!

(o^-‘)b

イェイ!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

明月と名月!」への2件のフィードバック

  1. 貴夫パパ

    SECRET: 0
    PASS:
    おめでとうございます!!
    そんなエピソードがあったんですね~。
    これからも夫婦仲良く、家庭円満・商売繁盛願ってます~!

    返信
  2. 東岡崎『明月』代表:藤原修司

    SECRET: 0
    PASS:
    >貴夫パパさん
    ありがとうございます!
    ただただ毎日時間を重ねているだけです。
    でもこのままずっと、良い時間を重ねて、あのころは~なんて老後に思い返せたら素敵だと思います。
    なんて!
    (≧∇≦)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください