皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 「世の中で成功を収めるには、バカのように見せかけ、利口に行動するに尽きる」

 哲学者:モンテスキューの言葉です。

 僕も子供の頃から、親父に言われてました。

 

 「いいか。利口バカになるな。バカ利口になれ」

 織田信長なんてまさに典型ですね。

 うつけ者と見せて、実は。

 おかげで桶狭間では、まんまと情報戦を征するわけです。

 今川義元からすれば、織田のうつけ者はノーマーク。

 ある戦でのことです。

 織田徳川連合は作戦会議をします。

 徳川家臣の酒井忠次は奇襲作戦を提案します。

 織田信長はその場で大激怒。

 戦を知らない男。バカも休み休み言え。たわけ。

 会議中、罵りまくります。

 会議終了後、全員解散するのを見計らって、酒井を呼びつけます。

 低頭する忠次に信長は謝り、

 「この戦は奇襲戦こそが正しい。しかし奇襲とは情報戦。あの場では誰が聞いているのか解らない。」

 信長は一転、酒井の作戦を褒めちぎるのでした。

 これぞバカ利口。会議中の自分の見られ方など気にせず、だたただ目的遂行のために振舞う。

 僕は織田信長はすごく常識人だったと思います。

 そのうえで、既成概念に囚われない。

 天才ですね。

 ってなわけで、今日も朝から天気が良いです!

 張り切っていきましょう!

(o^-‘)b

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア