東岡崎の片隅で、愛をまた叫ぶ!

投稿者: | 2011年8月5日

 皆さん、こんいちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!

 8月2日の朝にブログに掲載した詩。

 詳しくはこちら↓

http://ameblo.jp/meigetubuta/page-4.html#main

 読み人が解りました。

 去年の8月12日に亡くなられた歌人。

 河野裕子さんの詩でした。

 それにしても僕のうろ覚えときたら・・・

(*゚ー゚)ゞ

 正しい詩を改めて掲載します。

 「朝に見て 昼には呼びて 夜は触れ 確かめをらねば 子は消ゆるもの」

 

 昨日の読売新聞朝刊の編集手帳に掲載されていました。

 こんな偶然もあるんですね。

(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

 ちなみにこの確認という作業。

 我々人間や動物にとっても、すごく意味深い行動ですよね。

 コッパズカシイ言葉で言えば、愛の種が潜んでいます。

 人はその存在が認められないときに不満を感じるものです。

 言ってみれば、この確認という作業が、愛や信頼関係を作るのです。

 イェス!
(*´σー`)

 キザ過ぎる!

 ってなわけで、今日も全力で営業です!
(o^-‘)b

 イェイ!

東岡崎 豚もつ鍋屋の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Me

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください