皆さん、こんばんは。

 うちの親父。

 

 実は元釘師なんですよね。

 で、帰ってくるのはパチンコ屋の掃除が終わるその後だから、夜中の十二時過ぎ。

 まだ小学生の僕はそれでも帰りを待ってたりした。

 親父が玄関を開けると、まるで今目が覚めたみたいな顔して、お腹が空いたとせがむ。

 親父はニコニコしながら、『もう寝なさい』なんて言う。

 でも結局は僕と犬を連れて散歩に出かける。

 目的は屋台のラーメン。

 美味しいって記憶よりも、嬉しいって記憶。

 その時ばかりは、親父を独り占めしてる気分と、こっそり夜中に外出するワクワク。

 親父と会話しながら、一端の男として見られているような錯覚。

 嬉しくて、何度も何度も親父に話しかける。

 『美味しいね。美味しいね。』

 さっき更新された、マッキーのブログとハナレグミの『家族』を聴きながら、そんな記憶がよみがえってきました。

ヾ( ´ー`)

皆さん、おやすみなさい。

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア