『ほうれん草の男として』



                       1


 うまく飲み会を抜け出しはしたものの、一番手で消えた二人を仲間達は何と噂するだろうか。


 実際音さえしないが、まるで伝わってくる足音。ズンズン。

 時々僕に振り返り、勝ち誇ったかのように笑い掛ける。

「さぁ元気を出して!そんな事ではほうれん草の男にはなれないぞぉ~っ!」
「ぞぉ~」

 とりあえず気の抜けた気合いを入れつつ僕は従うことにした。


 それにしても僕はほうれん草の男になりたいのか?

 そんなことを頭に巡らせながら歩く僕の前を、意気揚々とチャコは歩いている。

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア