これは家内から聞いた話。

 昨日、家内は一人でイオンショッピングモール岡崎に行ったそうです。

 お腹が空き、フードコートにあるスガキヤで食事をすることに決める。

 現在妊娠中で、身重だということもあり、支払い時に少し手間取ってしまう。

 家内のバッグには市役所から貰った『お腹に赤ちゃんがいます』のキーホルダーが付いています。

 

 支払いを済ませ、呼び出しブザーを受け取って席に着く。

 ややあって料理が出来上がったころ、驚いたことに、支払い時の女の子の店員さんがラーメンをテーブルまで運んでくれたのだ。

 セルフサービスが基本の店で、これは本当に驚きの行動だった。

 家内は申し訳なく思い、『ありがとうございます』と礼を言う。

 女の子は、「元気な赤ちゃんを産んでくださいね」、そう言うとニッコリと微笑んで持ち場に帰ったという。

 きっと店員さんは、家内のキーホルダーを見て判断したのだと思う。そんなところにサービスマンにとって必要な真心があります。

 ほんのちょっとした事なのかもしれないけれど、僕はこの話を聞いて、本当にさわやかな気持ちになったし、感動してしまった。

 同じ接客業に従事している人間として、すごく勉強になりました。

 『明月』そんな思いやりに満ちた接客の出来る店にするぞ!

 そんな風に思うのでした!

 スガキヤの店員さん、本当にありがとうございます!

                          夫婦一同。

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア