でも、それは自分でしてきたこと。

 皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「私は意志が強いと思っています。でも、それは自分で強くしてきたのです。」
 プロゴルファー、朴セリさんの言葉です。
 よく自分は駄目だという人がいます。
 確かに駄目なのでしょう。自分で宣言してるんだから。
 あなたは良いよね、と言う人がいます。
 それも、自分は駄目だと宣言する行為です。
 初めから意志の強い人はいません。
 初めから出来る人もいません。
 
 皆やろうとした人です。
 やめなかった人です。
 でもそれは意志が強いと云うより、決断した人です。
 色んなマイナスを変えたいのだと、強く決断した人なんだと僕は思います。
 自分は駄目だと思い続けていた頃の僕は、逃げ口上ばかりを並べて、自分を許していました。
 でも、安心なんて出来なかったな。
 心の声に耳を澄ますと、駄目だという宣言はどうしようもなく惨めだった。
 そんな僕でも駄目じゃない。
 そう決断し、辛くても一歩前に進む方が、本当は辛くなかった。
 ってなわけで、思いこみの激しい僕は、本日も張り切って参りヤス!
(*・ω・)ノ
イェイ!
Android携帯からの投稿

『ビール祭り!』って簡単に言うけども!

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 昨日も盛り上がりましたね!
 梅雨明けまで待てない!!
『ビール祭り!!』
 
 1Fのカウンター席は『地ビールセット』!
 ☆地ビール1杯に唐揚げ食べ放題付で1000円!
 これすごいですよね。
 昨日もカウンターは満席!
 ご来店の皆様、から揚げ食べ放題チャレンジャーでした!
 楽しそうに唐揚をお替りされる姿は、見ているこちらが嬉しくなります!
 今日もたくさん仕込みました!
 2F、3Fのお座敷では『生大セット』!
 ☆生ビール大ジョッキと期間限定メニュー唐揚の1ページつきで1000円!
 ちなみに『唐揚の1ページ』はおそらく日本で一番大きな唐揚ですよ!
 B5サイズに近いくらいの大きさです!ゆえに『唐揚の1ページ』!!!!
東岡崎 明月の社長ブログ
 出血企画です!
 つぶれちゃうので、他のメニューもオーダーくださいね!
 ってことで、本日も『ビール祭り』!
 盛り上がっていきましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

塩の辛さ。砂糖の甘さ。

 皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない。だが、なめてみればすぐ分かる。」
 松下幸之助さんの言葉です。
 塩の辛さや砂糖の甘さを説明してみろといわれれば、すごく困ってしまう。
 しかしなめてみれば、すぐに理解できる。
 あれこれと難しく考えることは、結局ひとつの行動以上に学ぶことは難しい。
 かといって何も考えなくやることも、砂糖や塩の辛さを学ぶことは出来ない。
 学びたいことを明確にし、仮説を立てる。
 速やかに行動し、検証する。
 仮説から行動へのスピードは意識するべきで、行動することで修正も速くなる。
 分かっちゃいるんですけどね。
 ついつい行動が遅くなってしまう僕です!
 最近はさらに意識してますよ!
 疾きこと風の如し!
ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ
 ってなわけで、本日も張り切っております!
 速やかに、速やかに、
(o^-‘)b
イェイ!

南の島でも小麦色でもビーリング・イェイ!

 皆さん、こんにちは!  『東岡崎 明月』の藤原です!
 六月も後半ですが、何だか肌寒いですね。
 どういうことでしょう?
 でも、僕の頭は南の島ですよ!
 それも渚です!
 白い渚に足を投げ出してビール片手にイェイ!
 つまりこういう事なんです!

 懐かしいですね~
 オープニングも良いけど、僕はエンディング派ですよ!
 日曜の夜、ハウス名作劇場が終わる頃には就寝時間が迫ってるわけです。
 まだ遊び足りない僕。
 明日の学校が憂鬱な僕。
 まだ寝たくないよー!
 そんなこんなで流れてくるエンディング曲。
 南の島でゆっくりしたいな~
 強い陽射しをビーチパラソルで避け。
 デッキチェアで小説片手にピナコラーダ。←ピナコラーダってよく知らないけど。
 そんな感じですよ。
 そうつまり、こんな感じなんです!

 良いですね~
 もう常夏気分です!
 でも今日は寒いな~
 今年の夏もあきらめちゃおっかなぁ~
( ´艸`)
( ・(ェ)・)…?
 ってなわけで、本日も張り切っております!
 そして、明月は引き続き『ビール祭り』真っ最中です!
(o^-‘)b
イェイ!

フェスティバルに次ぐフェスティバル!

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 土曜日の『まちなか合コン大作戦 東岡崎編』盛り上がりましたね。
 それにしてもヘトヘトでした。
 街コンは12時半から開店の1時開始。
 4時オーダーストップの5時閉会。
 そこから6時通常営業までは僅か1時間。
 急いで片付けて、開店です!
 スタッフ一同ヘトヘトな一日でした。
 店長の牧野君は受付担当だったので、朝から事務局、自店と行ったり来たり。
 本当にみんなお疲れ様でした。
m(_ _ )m
 心から頭が下がる思いです。
東岡崎 明月の社長ブログ-1340602107244.jpg
 当店としてははじめてのビュッフェ形式でした。
 おかげさまで参加者の皆さんにはたくさんお褒めの言葉をいただきました。
 「一番最初にここに来たかった!」
 この言葉嬉しかった。
 それに何度も何度も顔を出していただいた方もいました。
 バタバタでしたが、楽しかった!
(b^-゜)
 さて、ひとつイベントは終わりましたが、『東岡崎 明月』は今日から新しい企画に入ります!
 
東岡崎 明月の社長ブログ
 こんな案内が皆様のお手元に届いているはずです!
 (お得意様台帳にご記入くださったお客様にね!)
 そうです!
 明月は今日から『梅雨明けまで待てない ビール祭り』開催です!
 1Fカウンター席は地ビールセット!
 なんと地ビール一杯にから揚げ食べ放題をつけて1000円!←これすごいよね!
 2F3Fのお座敷席は生大セット!
 生大1杯と期間限定メニュー「唐揚の1ページ」付で1000円!←これもすごいですよ!
 ちなみに『唐揚の1ページ』は1ページってくらいなので大きいです。
 B5サイズくらいあるかな、大げさに言うと。たぶん。
 とにかく出血企画です!
 これだけの注文はやめてね!明月つぶれちゃうから!
 それに出血企画なので、月曜から木曜だけにするね!
 だって明月つぶれちゃうから!
 明月の唐揚とビールって仲良しですよね!
 この企画、僕がお客さんになりたいもん!
(ノω・、)
 僕がから揚げ食べつくしたいもん!
・°・(ノД`)・°・
 僕がビール飲み干したいもん!
 僕が・・・。
 ビールに呑まれたいもん!
o(;△;)o
( ・(ェ)・)・・・・。
 ってなわけでですね、エンジン全開な月曜日!
 今週も張り切って参りましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

雪ひとひらの重さ。

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 午後から晴れましたね!
 久しぶりの晴れ間!
 ってことで、素敵な寓話のご紹介。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
冬の細い樹木の枝に、二羽の鳥がとまっている。
「雪のひとひらの重さはどれくらいかな?」
シジュウカラが野バトに聞いた。
「重さなんてないよ」ハトが答えた。
「じゃあ、おもしろい話をしてあげる」シジュウカラが言った。
「モミの木の、幹に近い枝にとまっていると、雪が降り始めた。
激しくはなく、吹雪の中にいるような感じでもない。
そんなのじゃなくて、傷つくことも荒々しさもない、夢の中にいるような感じの降り方だった。
ほかにすることもなくて、ぼくは小枝や葉に舞い降りる雪をひとひらずつ数えた。
やがて、降り積もった雪の数は正確に374万1952になった。
そして、374万1953番目の雪が枝の上に落ちたとき、きみは重さなんてないと言うけど・・・・
枝が折れた」
そういうと、シジュウカラはどこへともなく飛んでいった。
ノアの時代以来その問題に関してとても詳しいハトは、
今の話についてしばらく考えていたが、
やがて独りつぶやいた。
「もしかしたら、
あともう一人だけ誰かが声をあげれば、
世界に平和が訪れるかもしれない」
~~~
『シンクロニシティ』
ジョセフ・ジャウォースキー著
より
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
 僕は割りとしつこい質なのでいつもこんな風に考えます。
 あと一歩。
 あと一歩だ。
 もう一息。
 もう一息だ。
 どんな事にも、想いにも、努力にも、要するに積み重ねです。
 この行動には何の重さも影響力も無いかもしれない。
 でもあと一片の気持ちがあれば、枝は折れ、世界はより良い方向に変わってゆくかもしれない。
 『ひとつ拾えば、ひとつ拾った分だけきれいになる』
 イエローハット創業者の鍵山さんの言葉です。
 雪の一片にも、その僅かな一片にも想いを込めて。
 ってことで、明日はいよいよ「まちなか合コン大作戦 東岡崎編」です。
 今回初めて店として地域イベントに参加です。
 合コンといえばいかがわしく思われる方もいるとは思いますが、僕たちは出会いという広義でとらえて企画計画してきました。
 『街』とは出会いを通して豊かさを創り上げるコミュニケーションツールであると考えています。
 我々の投げかける一片にどうか温かさがこもりますように。
 我々の投げかける一片に豊かさがこもりますように。
 こんな風にしおらしく文面を走らせていますが、本当は違いますぜ!
 元気に楽しく、張り切って張り切って行きますぜ!
 どうか皆さん、乾杯はグラスを高く掲げましょうぜ!
(o^-‘)b
イェイ!
 明日はきっとバタバタで更新もままならないと思いますので、一日前倒しの更新ですぜ!
(*゜▽゜ノノ゛☆

置かれたところが、今のあなたの居場所

 皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「置かれたところこそが、今のあなたの居場所。咲けない時は、根を下へ下へと降ろしましょう」
 ノートルダム清心学園理事長、渡辺和子さんの言葉です。
 今から12年位前、僕はどうにもならないような状況にいました。
 先立つ物も、希望も、自由も無い。
 真っ暗闇で、にっちもさっちも行かない状況。
 すごく辛かった。苦しかった。
 何のために生きているのか。これからどうなるのか。
 そんなことばかり考えていました。
 あるとき思い立ち、心の立ち居地をずらしてみました。
 結果とは、果実の“果”に“結ぶ”。つまり実を結ぶ事。
 成果とは、同じように“実”が“成る”事。
 そういったものを欲しがらないことに決めました。
 今にして思えば、それが根を伸ばす行為だったんですが、なけなしのお金はほとんど本を読むことに費やしました。
 こと、本は借りるのではなく、買うことにこだわって。
 とにかく読み漁り、吐き出すことの繰り返し。
 花を咲かすことは考えず、ひたすら根をはる。
 少しずつチャンスが見えるようになってきて、あればそのチャンスにしがみつき、得た知識を頭をひねり何とか経験に昇華させる。
 華が咲いたとか、実が成ったとか、そんなことはまず置いといて。今あのときの根がしっかりと生きています。そう実感できます。
 そして、あのときの真っ暗だった状況が、実は大きなチャンスだったことも解かる様になりました。
 置かれたところが、今のあなたの居場所。
 咲けない時は、根を下へ下へと降ろしましょう
 すごくよく解かります。
 僕自身、今もまだ、じっくりと根を降ろす時期です。
 ってなわけで、台風通り過ぎた水曜日!
 本日も張り切って参りましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

タイフーン・アイ!

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 タイフーンですね。
 こんな季節です。
 子供の頃はワクワクしましたよね!
 何せ学校は休みになるし、世間の慌しさに興奮するしで、台風はある種お祭りでした!
 その日も朝から休校が決まり、昼前に友達の家へ電話!
 「遊ぼうぜ!」
 二つ返事だね!
 隣の町内の友達なので、風雨の中ダッシュ!
 1分も経たないうちに無風状態に!
(  ゚ ▽ ゚ 😉
 何じゃこれ!
 突然の晴れ間!
 空を見上げると真っ黒な雲の中にぽっかりと穴が・・・
 穴の中は綺麗に晴れていて綺麗な青空が。
(ノ゚ο゚)ノ
 その穴は急速に移動していて、しばらく踊り狂う僕の頭上はすぐに土砂降り!
 これが台風の目体験だぜぇ~
 ワイルドだぜぇ~
( ・(ェ)・)・・・。
 そんなこんなで、『東岡崎 明月』は台風でも張り切って営業だぜぇ~
 (o^-‘)b
 イェイぜぇ~!

週末から休日から、天国ですか?ここは!

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 土曜日の就業後は、いよいよ今週末に迫った『岡崎まちなか合コン大作戦』の参加店舗さんたちと飲み会でした。
 
東岡崎 明月の社長ブログ-1339997606975.jpg
 楽しかった。
 そして毎度のことだけど、ふにゃふにゃに酔いました。
 東岡崎を盛り上げる同志達との飲み会は、刺激になる事諸々!
 勉強になりました。
 朝6時くらいまでヒーバーしちゃいました!
( ´艸`)
 そして、二日酔いを引きずりながらの日曜日!
 なんとイタリアンの料理教室に行っちゃいました!
 このブログでもおなじみの、キュートなイタリア料理講師Aiさんのもとへ!
 その様子、Aiさんのブログはこちらから!
東岡崎 明月の社長ブログ-IMG_20120617_173546.jpg
 こちらはズッキーニの肉詰めと、かぼちゃのニョッキ!
 美味しかったです!楽しかったです!
 イタリアンって難しく考えていましたが、意外と簡単に家庭料理に取り入れられますよ!
 ぜひまた参加したい!
ヾ(@°▽°@)ノ
 料理教室後は、八幡町の229さんへ!
 二日酔いにも負けず、向かいビール!
 久しぶりに一人呑みをさせていただきました。
東岡崎 明月の社長ブログ-IMG_20120617_192316.jpg
東岡崎 明月の社長ブログ-1339997672194.jpg
 アンチョビのピッツァ。
 アンチョビの薫りと塩加減が・・・。
 ビールに合う!
 マスターご夫婦とのお話も、本当に楽しい!
 こういうお店、良いですね~。
 祖調子が上がってきたところで、娘に逢いたくなって帰宅!
 まだ寝ないで待っていてくれました!
 そして、熱烈歓迎!
 カワユイよ~(〃∇〃)
 お風呂に入り、大河ドラマのコース!
 そして、就寝。
 ってなわけで、エネグリーが全開なわけです!
 今週もかなり張り切って参りましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

妹は私の誇りです。

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 今日も素敵なお話をご紹介!
 ハンカチを用意して読み進めてくださいね!
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
「妹は私の誇りです」
      
       
山元加津子(石川県立小松瀬領養護学校教諭)
きいちゃんという女の子は、手足が不自由でした。
そして、いつもうつむきがちの、
どちらかというと暗い感じのするお子さんでした。
そのきいちゃんが、ある日とてもうれしそうな顔で、
「山元先生」と言って職員室に飛び込んできてくれたのです。
「お姉さんが結婚するのよ、今度私、結婚式出るのよ。
ねえ、結婚式ってどんななの、
私どんな洋服着ようかな」
と、とてもうれしそうでした。
「そう、良かったね」
と、私もうれしくなりました。
ところが、それから一週間もしないころ、
今度はきいちゃんが教室で泣いている姿を見つけたのです。
「きいちゃんどうして泣いているの」
と聞くと、
「お母さんが、結婚式に出ないでって言うの。
私のことが恥ずかしいのよ。
お姉ちゃんばっかり可愛いんだわ。
私なんか産まなきゃ良かったのに」
 
とそう言って泣いているのです。
きいちゃんのお母さんは、お姉さんのことばかり可愛がるような方ではありません。
どちらかというと、かえってきいちゃんのことを
いつも可愛がっておられて、目の中に入れても痛くないと思っておられるような方でした。
けれどもしかしたら、きいちゃんが結婚式に出ることで、
例えば障害のある子が生まれるんじゃないかと思われたり、
お姉さんが肩身の狭い思いをするんじゃないかというようなことをお母さんが考えられたのかなと、
私は思ったりしていました。
きいちゃんに何と言ってあげていいかわかりませんでしたが、
ただ、結婚式のプレゼントを一緒に作ろうかと言ったのです。
お金がなかったので、安い晒(さら)しの生地を買ってきて、
きいちゃんと一緒にそれを夕日の色に染めたのです。
それでお姉さんに浴衣を縫ってあげようと提案しました。
でもきいちゃんは手が不自由なので、
きっとうまく縫えないだろうなと思っていました。
けれど一針でも二針でもいいし、
ミシンもあるし、私もお手伝いしてもいいからと思っていました。
けれどきいちゃんは頑張りました。
最初は手に血豆をいっぱい作って、
血をたくさん流しながら練習しました。
一所懸命にほとんど一人で仕上げたのです。
とても素敵な浴衣になったので、お姉さんのところに急いで送りました。
するとお姉さんから電話がかかってきて、
きいちゃんだけでなく、
私も結婚式に出てくださいと言うのです。
お母さんの気持ちを考えてどうしようかと思いましたが、
お母さんに伺うと、
「それがあの子の気持ちですから出てやってください」
とおっしゃるので、出ることにしました。
お姉さんはとても綺麗で、幸せそうでした。
でも、きいちゃんの姿を見て、何かひそひそお話をする方がおられるので、
私は、きいちゃんはどう思っているだろう、
来ないほうが良かったんだろうかと思っていました。
そんなときにお色直しから扉を開けて出てこられたお姉さんは、
驚いたことに、
きいちゃんが縫ったあの浴衣を着ていました。
一生に一度、あれも着たいこれも着たいと思う披露宴に、
きいちゃんの浴衣を着てくださったのです。
そして、お姉さんは旦那さんとなられる方とマイクの前に立たれ、
私ときいちゃんをそばに呼んで次のようなお話をされたのです。
「この浴衣は私の妹が縫ってくれました。
私の妹は小さいときに高い熱が出て、手足が不自由です、
でもこんなに素敵な浴衣を縫ってくれたんです。
高校生でこんな素敵な浴衣が縫える人は、
いったい何人いるでしょうか。
 
妹は小さいときに病気になって、
家族から離れて生活しなければなりませんでした。
私のことを恨んでるんじゃないかと思ったこともありました。
でもそうじゃなくて、私のためにこんなに素敵な浴衣を縫ってくれたんです。
私はこれから妹のことを、
大切に誇りに思って生きていこうと思います」
会場から大きな大きな拍手が沸きました。
きいちゃんもとてもうれしそうでした。
お姉さんは、それまで何もできない子という思いできいちゃんを見ていたそうです。
でもそうじゃないとわかったときに、
きいちゃんはきいちゃんとして生まれて、
きいちゃんとして生きてきた。
これからもきいちゃんとして生きていくのに、
もしここで隠すようなことがあったら、
きいちゃんの人生はどんなに淋しいものになるんだろう。
この子はこの子でいいんだ、それが素敵なんだということを皆さんの前で話されたのです。
きいちゃんはそのことがあってから、とても明るくなりました。
そして「私は和裁を習いたい」と言って、
和裁を一生の仕事に選んだのです。
月刊誌『致知より
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 泣いてしまいました。
 泣きましたよ。
 人を想うってそういうことです。
 結婚式を通して、姉妹の蟠りも解け、またひとつ愛を知り、素敵な結婚生活を送るんでしょうね。
 最近やたら涙もろくなってきたぁ。
(iДi)
 ってなわけで、本日も張り切っております!
 華の金曜日!盛り上がっていくぜー!
(o^-‘)b
イェイ!