2018年明月社員旅行@2日目

皆さん、こんにちは!

東岡崎 居酒屋『明月』の藤原です!

 

今日の更新は社員旅行のドタバタ2日目!

 

1日目をお見逃しの方は、コチラから!

 

戦慄の2日目スタート!

 

朝6時半に目が覚め、同室でまだ夢の中の龍君を横目に、シャワーを。

 

シャワー後はスマホを取り出して、色々コメント返し。

 

龍君が目を覚ましてシャワーへ。

 

走行している間に家内が部屋に顔を出し、挨拶。

 

朝食は7:30にしようという事で、龍君がシャワーを出るのを待って朝食へ。

 

 

朝食はホテルの食堂で、鮭定食みたいな感じのやつ。

ただ鮭ではなく、グルクンの切り身。

 

シンプルだけど、美味しい!

 

朝食後から、チェックアウトの9:45まで自由時間に。

 

 

僕はもう一眠りと決め込もうかと思っていたら、玲花ちゃんが龍君のところに遊びに来ていて眠れず。

 

その間家内と娘は島内散策へ。

 

 

 

灯台等を観に行った様子。

 

しかし散策後は、娘は僕のベッドに。

よって更に眠れず!

睡眠はあえなく断念!

 

 

そんなわけで、部屋もぴっちり美しく片付けて9:45分にチェックアウトし、ホテルの方に高速船ターミナルまで送ってもらいました。

 

しかし、定刻10:05分になっても船は来ず!

それどころか、乗船口もいつもとは違うという。

 

そんなアナウンスは一切なしで、乗客たちの噂話で情報は錯綜。

これがウチナータイムってやつですか?

 

かなり不安になり高速船の従業員らしき人にチケットを見せて確認すると「それで大丈夫だ」と言う。

 

どうやら20分遅れで船は到着するとのこと。

 

 

そんなわけで、多少に感は押してしまうものの、少し安心して、皆で笑顔のパシャリ!

しかしこの後。世にも恐ろしい地獄が待ち受けているなど、誰も知る由もない!!!

 

 

 

待ち受ける我々の目の前にやって来たのは、高速船ではなくフェリー。

 

ん?

 

フェリーになったの?

 

ってことは、あの地獄の揺れは経験せずに済むの?

たしかネットでも、フェリーは揺れがないっていってたよね!

 

高速船は超揺れで70分。

フェリーは揺れないけど2時間。

 

ちょっと時間は押しちゃうけど、あの揺れを経験せずに行けるならまあいいか!

 

そんなのんきなことを考えながら、乗船。

 

 

船内もこんなに素敵!

席数は多いし、ゆったりしてる。

テレビも付いてるし、何かいいんじゃない?

得しちゃった気分!

 

それにしても、この日はこれが始発にもかかわらず、乗客人数がスゴイ!

こんな小さな島にこれだけたくさんの人がいたの?って感じ。

 

結局満席状態に!

 

そしてフェリーは汽笛を残して出発!

 

出発後すぐに変な違和感。

 

 

揺れ凄くない?

 

高速船よりすごくない?

 

高速船より揺れがダイナミックじゃない?

 

推測ですが、多分、時間押していて急いでいらっしゃいます?

 

 

これはいかん!

早速睡眠の体制に!

しかしネックピローを装着するも船内は暑くて、首周りが苦しい。

 

ネックピローを外して頬杖で睡眠体制!

 

しかし頭がグワングワンに揺れて、眠るどころではない!

身体全身から嫌な汗が噴き出す。

 

すぐに娘に異変が!

顔面蒼白の娘を家内がトイレへ。

 

まだ出発10分も経たないうちに、かなりの人たちがトイレに走る。

 

慌てた船員さんたちがエチケット袋を配りはじめる。

 

しかし歩くこともままならないほどの揺れの中、トイレに向かう人たちもそこらじゅうにぶつかりながら駆け込んでいる。

 

辺りはもう地獄絵図!

 

僕も耐え切れず、エチケット袋とお友達に。

 

 

たまたま僕は機関室の横だったんですが、かなり上の方の船員さんが機関室から出て来てこの地獄のような船内を焦った様子で見つめていました。

 

少し落ち着いてきたころ用を足したくなり、僕はトイレへ向かうことに。

 

でもそこでは筆舌に尽くしがたい恐ろしい光景が!

 

所々で人が倒れ、うめき声をあげたり、顔面蒼白でしゃがみこんでいたり。。。

 

席に戻ると、隣の席の麻奈美ちゃんが何ともない顔で、「隣の人がこっちに倒れ込んできて大変なんだけど!」的なジェスチャーを僕に。

 

あなた無敵ですか?

この揺れ平気なの?

 

しばらくすると揺れは穏やかになり、僕は現実を受け入れないためか、深い眠りの中に。

 

これも推測ですが、あまりの惨状にお急ぎモードから普段通りの運転に戻したんじゃないかな?

 

 

 

 

 

本当は11:00すぎには石垣島に到着の筈が、結局13:00すぎに到着。

 

後半はみんな眠れたみたいで、地獄から笑顔で生還。

 

 

龍君もちょっちゅねー氏と生還の喜びをを分かち合っています。

 

 

海の日の今日は、離島ターミナルでは海上保安庁のイベントも。

地獄絵図も帳消しの笑顔。

 

でもみんな口々にもう二度とあの船には乗りたくないと。

娘に関しては死んでも乗りたくないと。

 

それにつけても、この連絡船にしても我々観光客はおこぼれを頂いてるのであって、現地の人たちにとっては生活必需品ですから、文句なんて言えません。

対策をしますので、また末席に座らせてください。

m(__)m

 

 

そんなわけで、本日宿泊予定の、離島ターミナルのすぐ目の前の「ホテルミヤヒラ」さんに荷物を預け、レンターカー屋さんに時間が遅れてしまった連絡を。

 

実はミヤヒラさんは去年も宿泊しました。

アクセスも良く、大変お気に入り!

 

レンタカー屋さんに迎えに来ていただき、手続きをし、いざ石垣散策!

 

ちょっと時間が遅くなってしまって心配でしたが、まずはココで食事!

 

 

伝説のお店「栄福食堂」!

去年行きたくても断念したお店!

トニーのお店です!

 

世界各国のトラベルブックにも取り上げられるほどの有名店。

 

残念なことに、この日はトニーさんが不在でしたが、奥さんが超ゆる~く接客。

 

 

念願のヤギ汁。

噂ではあまりの臭さに、食べると身体中から臭いを発し、蚊がたくさん寄ってくるという噂のヤギ汁。

現地の人でも好き嫌いが分かれるというつわもの。

お祝いの席には欠かせないという、滋養強壮効果抜群のゴートスープ!

 

いや~、

 

いや~、ね。

 

ぼく、大好き♡

 

ハマっちゃいますよ。

 

 

龍君はヤギそば。

あとの皆はトニーそば。

 

龍君も全然イケますよ!と美味しそう。

皆にヤギ汁を少しずつお裾分けすると、目が×に!(笑)

 

また食べたいな~、ヤギ汁!

 

 

食後はレンタカーに再び乗り込み、次の目的地は川平湾!

 

道中は絶景の数々にメンバーたちの感嘆の声もひとしきり!

 

本当は「やいま村」にも行く予定でしたが、お時間の関係で今回は割愛することに。

 

しかし「やいま村」、八重山地方の文化を体験できたりする施設なんですが、この施設の経営は元々名鉄だったというので驚き!

次はぜひ!

 

 

そんな感じで川平湾に到着!

 

到着後からほんの15分くらいでのグラスボートが予約できたので、早速乗り込むことに。

しかし引き潮時間なので、湾内は少し濁っているとのこと。

ちょっと残念ですが、いた仕方なし!

 

 

去年同様、川平湾の神社に参拝。

 

 

皆でパシャリ。

 

女子だけでパシャリ。

 

自称三河一のイケメン、龍君。

 

透明度の高い水辺でカメラを向ける龍君。

 

分かりますか?

向こうから雨がやって来ています。

 

スコールに避難!割れ目に潜り込むする僕と龍君。(笑)

 

 

スコールが通り過ぎるとすぐ晴れ間!

 

グラスボートも超ご機嫌。

 

外を眺める女将。

 

指が飛ぶ手品を娘に自慢する父。(グラスボート中ですよ!)

 

その横で哀愁に耽る中根麻奈美30歳。

 

 

はじめはテンションの低かった船頭さんも、我々が一々喜んだり笑ったりしているとテンションアップ!

 

引き潮でビューポイントが少ないからと、白波立つ外海方面へ!

船が大きく揺れ始めると、さすがに表情が引きつる明月メンバー!

先程の地獄絵がまだ脳裏に!

 

船頭さん、今日はこの辺で良いですから!

 

 

そんなわけで、川平湾堪能後はちょっと休憩。

 

メンバーは沖縄フルーツのスムージー的なオシャレなやつを。

 

 

そして違う店で、僕はド直球なパイナップルとマンゴーのスムージー。

娘はカットパイン。

 

少しお土産屋散策もした後、すでに16時30分を回ってしまっていたので、レンタカー屋さんへ。

時間がなくて本当に川平湾に行っただけになってしまいました。

 

一旦ホテルに戻って、チェックイン。

 

すぐに集合して街へ。

 

 

ユーグレナモールで各自お土産を買い込み、空輸。

 

 

19時を過ぎてすっかり暗くなってしまいましたが、港まつりへ。

三線演奏や石垣出身のアーティストのライブ。

船の上がステージになっていて、海を眺めながらすごく良い雰囲気。

 

屋台を眺めながら歩いていると、去年の同じ日に会食をした中山市長、漢那副市長、知念議長とも再会。

こうやって遠く離れた場所で知った方たちとお会いできるのは幸せと感謝の極み。

 

とはいうものの、皆さん夏に当店に予約下さっています!(笑)

 

 

そんなわけで、お腹もすいてきたので、どこかお店を物色。

しかし連休中でしかもお祭り。

どこのお店もいっぱいでしたが、プライベート的なビアガーデン「海坊主」さんに奇跡的に空席が一つ!

席もかなり素敵な席。

そしてお祭りの日にナイスロケーション!

 

 

南の風と夕焼けの中で飲むオリオン生は最高!

 

ジーマミー豆腐。

島らっきょ。

島蒲鉾のバター焼き。

あと我々を魅了したのは「ヒラヤーチ」

 

はじめ魚の名前かと思って店員さんに訊ねると、チヂミに似たこちらの家庭料理とのこと。

あ、写真撮るの忘れましたが、チヂミより薄く焼いてあって、香ばしくてビールにピッタリ!

 

ハマりすぎてみんなで何度もお替りしてしまうほどでした。

 

 

 

祭りの最後の花火もバッチリ!

このお店でこの席が空いていて本当に良かった。

花火のために、照明も暗くしてくれました。

 

 

食後はホテルの大浴場で裸の付き合いをした後に、部屋で二次会。

 

パックを始める龍君と麻奈美ちゃん。

 

 

ノリノリの宴は僕が酔い潰れるまで続いたとさ。。。。

 

 

 

三日目につづく!

 

2018年明月社員旅行@0日目と1日目

皆さん、こんにちは!

東岡崎 居酒屋『明月』の藤原です!

 

さてさて、去年に引き続き、今年の社員旅行も石垣島・波照間島へ行ってきました!

去年は天気に恵まれなかったので、今年はリベンジという気概でありました!

 

そして、今回もありがたいことにアルバイトさんが2名参加!

龍君と玲花ちゃんが同行してくれました!

 

続きを読む

2017年東岡崎 居酒屋「明月」の社員旅行三日目!「南ぬ島へ(ぱいぬしま)」

皆さん、こんにちは!

東岡崎 居酒屋「明月」の藤原です!

 

 

さてさて、旅行記も最終日の三日目に!

 

前回前々回お見逃しの方は、「一日目こちら」と「二日目こちら」から!

 

 

ちょっと耳寄り情報!

 

 

あ、そうそう!

三日目のお話を始める前に、昨日の記事の書き忘れを!

 

石垣の議会の方たちとの会食の折、市長さんと石垣の現状なども話をしました。

 

空港直行便の増設などで、観光客が増え、経済的にはかなり上向きな話。

それに伴って労働者が不足したこと。

そして保育園を増やしたけれど、保育士がまだまだ不足している現状など。

 

その話の中で、石垣市の取り組みとして島外から保育士を呼びたいという事で、

 

現在石垣市では島外からの保育士さんの渡航費を50万円補助しているそうです!

 

詳しくはコチラから!

 

僕も微力ながら窓口になります!(笑)

 

これ良いですよね!

ロケーションはバッチリだし、人も良いし、一年の10か月半袖で過ごせるし、待遇も良いし!

 

保育士さん、保育士を目指している学生さん、元保育士さん、ぜひぜひお勧めです!

 

最終日のスタート!

 

 

そんなわけで、最終日三日目のスタート!

 

前日同様、昨晩寝た記憶がなく突然目が覚めると、ホテルの窓からの石垣の海。

 

良いですね~、南の楽園!

 

そのままタオル片手にホテル一階の大浴場へ。

 

まだ誰もいない湯船でに浸かり、ふぅ~と天国。

 

入浴後は、荷物をまとめ、みんな揃うのを待って朝食バイキング。

 

島野菜やら、フルーツやら、波照間の黍やら、石垣さんの米やら、ヘルシー目で攻めながらも、最終的には県内牛の牛丼で〆るという。。。。(笑)

手作りの島野菜ジュースもうっすら酒の残った胃には嬉しい。

 

チャックアウト後は、市街地より少しばかり離れた方へ。

 

ちょっと迷いながらも、電話で詳しく聞きながらの到着。

 

石垣島三線体験教室

 

少し早めに出てよかったなと思っていたら、予約時間を30分間違えていて、実は遅刻でした。。。

 

しかし先生お優しい方で、早速体験教室の始まり。

 

でもね、僕は思ったわけですよ。

先生の声がやたらと耳になじむ。なぜ?素敵な声だから?

 

そんな感じで、どちらからお見えになりました見たいな話。

 

はい。

はい。

はーーーーーい!?

 

先生、岡崎出身の方でした!(笑)

それも実家は店のすぐ近く。

 

どうりでイントネーションが馴染むわけですよ!

 

しかし、三線で数々の賞の受賞者です。

 

 

三人とも1時間ほどで童謡を2曲マスター!

 

欲しくなるよね、三線!

 

 

2年に一回くらい帰省しますから、岡崎のお店にも伺いますね。

 

なんて感じでお別れ。

いや~、日本は狭い!(笑)

 

 

体験教室後は一路空港へ!余裕を持って早めの行動が一番!

 

道中はこの三日間では見たことのないほどの青空!おいっ!

 

車中で皆口々に帰りたくないよぉ~!

もう一日石垣たいよぉ~!

 

麻奈美ちゃんなんてこんな時ばかり台風を呼び込もうとしてました。

 

麻奈美ちゃん、台風来たら飛行機は飛ばないけど、外で遊ぶ事も出来ないんだよ。。。

 

 

そんな感じでレンタカーを返却し、かなり早めに空港へ。

 

1時間以上時間があったので、軽く食事と、

 

〆のオリオン。

 

 

さて、あと1時間切ったから余裕をもって動き出そうかと。

 

荷物を預けようかとカウンターに向かうと目が飛び出そうに!

凄い行列!

長蛇の列!

 

結局ギリギリで搭乗!

 

行き同様、沖縄で休憩し、セントレアへ。

 

帰りの飛行機でも「リーダーズ」を視聴しながらでしたが、やはり鼻水と涙。

隣の赤ちゃんが楽しそうに僕を覗き込んでいました。

 

 

セントレア到着は6時前。

 

車に乗り込み、刈谷のハイウェイオアシスへ。

 

 

名古屋飯で現実回帰!

 

岡崎に到着後は、麻奈美ちゃんを自宅に送り、帰宅。

 

 

2017年明月社員旅行「石垣編」

 

 

 

完!

 

いや~、本当に楽しい旅でした。

そして今までにはないことがありました。

 

今までの社員旅行は3日目となれば仕事モードに変わってくるんです。

もう遊びは十分とばかり。

 

でも今回は本当に、本当に、もう一日滞在したいと心から思いました。

 

考えてみるに、それってご縁の一言です。

 

現地の方たちとのご縁がそんな思いにさせたんです。

 

 

波照間での君子さん。

石垣市議会の皆さん。

 

本当に優しくてあたたかい方たちとの触れ合いを通して、ただの地名でしかなかった場所が、他でもない特別な場所として記憶の中に血を通わせてくれました。

 

もちろん景色も料理も観光も素敵なところなのは言うまでもありません。

でも、やはり人ですよね。

 

凄く勉強になりました。

 

観光とは、変わった料理や、ましてゆるキャラなんかでもありませんね。

すべてその土地の人たちが作ったものですから。

根っこは人です。

そんな事を学ばせていただいた、他ではない3日間でした。

頑張るぞ!(東)岡崎で!

 

石垣の皆さん、東岡崎の片隅よりご繁栄をお祈りしています!

本当にありがとうございました!

m(__)m

 

今度はアルバイトさんも引き連れて、来年行きますけどね!

 

 

 

ってなわけで、もうすでに東岡崎で張り切っているわけですよーーーー!

(o^-’)b

いぇい!

 

 

2017年東岡崎 居酒屋「明月」の社員旅行二日目!「南ぬ島へ(ぱいぬしま)」

さてさて、南の島紀行の二日目です。

 

1日目をお見逃しの方はコチラから!

 

二日目の朝

 

 

前日眠った記憶さえなかったので、目が覚めてしばらくボ~っと。

 

カーテンも閉めていない窓から空を見上げ、窓枠の上のエアコンを眺めているうちに云われもない感動が。。。。

 

日本ってすごいな~。←海外経験もありませんが。(笑)

 

南の果てのこんなに小さな島なのに、電気がちゃんと通っていて、水道からは水が出る。

郵便局もあるもあるし、交番では警察官が駐在している。

 

すごいなぁ~。

 

税金ってちゃんと使われてるよなぁ~。

 

自分の目の前だけ見て税金を語れないよなぁ~。

 

やっぱ広い世界を見ないとなぁ~。

 

 

そんなことを考えながらシャワーを浴びて、そのあと朝食へ。

 

とても優しいホテルの朝食を食べ、荷造りをして、チャックアウト。

 

 

港までホテルの人に送ってもらい、昨日に引き続き、恐怖の高速船。

 

しかし今回は慣れたもので、メンバー全員熟睡!(笑)

 

気がつけば、石垣島に到着!

 

天気予報は晴だったにもかかわらず、小雨が。。。

 

離島ターミナルまでレンタカーの人がお迎えに来てくれていたので、車に乗り込み営業所へ。

 

 

 石垣島紀行

 

レンタカーの手続きを済ませ、出発!

 

 

 

しかし時間は11時半。

 

まずは腹ごしらえという事で、「VANILLA・DELI」さんへ。

 

 

シャレオツ感満載でオジサンはちょっとあれでしたが、、、

 

 

石垣牛のパテ。

 

バッチグーな旨さ!

 

 

実はこのハンバーガはコンテナに乗っていました。

また食べたいよね。

 

 

でも本当云うとですね、

 

僕はすぐ近所にあった、「トニーそば」が気になって仕方なかった。

 

 

気になるでしょ?

ヤギ汁も置いてあるし。

何そのトニーの肖像画。

トニーストリートって書いてるし。

 

面白そうだよね?

そんな僕の問いかけなどまるで無かったかのように、女子たちは脇目も振らずバニラデリに向かったとさ。。。。

 

 

そうそう、ここは石垣市役所のご近所でもありました。

 

石垣市役所。

 

なんといてもね、石垣市と岡崎市は親善都市。

言ってみれば我々は、勝手に親善大使として石垣市に来訪したわけですよ!

 

子供の頃から話には聞いていた石垣市。

本当に来られる日がやってくるとは。。。

感無量であります!

 

 

そんなわけで、天気も微妙でしたが、「死ぬまでに一度は行ってみたい場所」でおなじみの川平湾へ。

 

市役所から1時間ほどのドライブで到着。

 

 

 

駐車場に車を停めて、ちょっと駄々っ子になった娘と一悶着後に、娘と川平観音堂に参拝。

 

 

そして、噂の川平湾!

 

 

 

写真下手な僕が撮ってもこの美しさ!

天気が良かったら気絶ものです!

 

娘と撮るも、この顔です!

おとぼけ親子の向こうに川平湾!

 

 

横から川平湾!

 

そして早速グラスボートに。

 

 

 

巨大なシャコガイに、数々のサンゴ。

ここでしか見られないジャガイモサンゴ。

たくさんの熱帯魚。

 

もう感動するしかない美しさ!

ここは本当にお勧め!

 

そしてぜひ晴れた日に見てみたい!

 

 

そんなわけで、後ろ髪を惹かれながら曇り空の川平湾とバイバイ。

 

気がつけば2時半過ぎに。

ホテルのチェックインは3時だったので、急いでホテルへ。

 

 

二日目のホテルは「南の美ら花 ホテル ミヤヒラ」さん。

 

少し遅れてしまいましたが、チェックインを済ませ、各部屋に。

 

 

 

そして歩いて「ユーグレナモール」へショッピング。

 

 

 

たくさんのお土産屋さん。

娘は親しいお店屋さんの軒先で見たこともない果物をお婆さんから頂いて、歩いてガリガリ。

 

みんなそれぞれお土産を物色し、女子たちはスイーツのお店で立ち止まっていたので、僕は先にホテルへ。

 

 

実はさっき目をつけていた、ロビーのウェルカム泡盛がお目当て!

 

ロビーに座り、泡盛を飲みながら夕涼み。

最高です!

 

壁にはホテルの歴史が飾ってあったので、眺めながら感動していると女子たちが到着。

 

部屋に戻り、オリオンの缶ビールをプシュッと。

 

ホテルの部屋の窓から石垣の海を眺めながら、オリオンでマッタリ過ごしていると待ち合わせ時間に。

 

 

石垣の夜は相当に熱い!

 

 

ロビーに降りてゆくと、すでに石垣市議会の事務局長さんと次長さんが待っていてくれました。

 

実は石垣の市長さんはじめ市議会の皆さんは当店のお客様。

岡崎市に来ると寄ってくれたりしています。

 

今回の石垣旅行の話をすると、会食の席を設けてくださいました。

勝手に親善大使なのに。。。

 

 

そんなわけで、石垣市の「瑚南(こなみ)」さんへ。

 

 

副市長さんに議長さん。

事務局長さんに、次長さんに、課長さんにとそうそうたるメンバー。

途中忙しい合間を縫って市長さんまでご挨拶くださいました。

 

石垣の皆さん、ご縁を大切にしてくださって、本当に温かい方たちばかり。

 

副市長さんと話をしていると、やはり岡崎市とのご縁についての話に。

 

 

第二次世界大戦中に石垣島に配備されたのは兵の多くは岡崎市出身の方たちだったそうです。

戦中良くしていただいたお礼に、戦後に石垣の子供たちに本を送ったことが交流の始まり。

 

この辺りまでは僕も知っていた話。

 

これは凄いことだと副市長さん。

僕は言いました。

「それは石垣の人たちが本当に良くしてくれたからのことだと思いますよ。」

副市長さんは強い目で言いました。

「そうじゃないんですよ!

戦後アメリカの統治下の中、フィリピンもシンガポールも英語教育がなされました。でも日本はそれを断固拒否した。でも石垣島には日本の教科書も書物もなかったんです。どうやって日本語教育をしたらよいんですか。

そんな中、岡崎の人たちがたくさんの本を送ってくれた。そしてそれだけではなく、姉妹都市になってほしいとまで言ってこられた。

はじめはお断りしたんです。岡崎市と比べたら石垣島なんて規模が小さすぎる。釣り合わない。

すると岡崎の方はパスポートを持って頭を下げに来られた。

今の感覚で言えばアフリカの奥地のようなこの島に何日もかけて来て、頭まで下げられた。

このことがどれだけ石垣の人たちを勇気づけたか。」

 

副市長さんは時に目に涙を浮かべながら語っていました。

僕はもう胸が熱くなっちゃいました。

「このことは僕が岡崎で語らなくちゃいけないことですね。」

「どうか宜しくお願いします。岡崎の先人たちは本当に気骨のある方たちばかりでした。」

 

 

泡盛の力も手伝ってか、僕まで涙が出そうでした。

 

昔は実際に出て行ってしまったほど嫌いだった岡崎(今は好きですけどね)に強い誇りを感じてしまいました。

 

 

アツい話のあとは議長さんの農園で作られたパインをご馳走に。

本当にびっくりするほどの甘さ。

 

「昔は缶詰用に栽培していたんですが、今は品種改良でかなり品質が良くなった。でもうちのが一番」

 

そんな風に和気あいあいと時間は過ぎ、お開きに。

 

いや~、石垣最高!

 

ホテルへ帰った後は、部屋飲み!

 

しかしまた記憶もなく夢の中へ。

 

 

次の日へ続く!

(o^-’)b

いぇい!

 

 

 

 

 

2017年東岡崎 居酒屋「明月」の社員旅行一日目!「南ぬ島へ(ぱいぬしま)」

皆さん、こんにちは!

東岡崎 居酒屋『明月』の藤原です!

 

この連休を利用して、今年も社員旅行に行ってきました!

今年も去年に引き続き沖縄県ですが、本当ではなく「石垣島」そして「波照間島」です!

ちょっと長くなりそうなので、全3回に分けてお届けしようかと思います!

 

どうぞお付き合いください!

 

怒涛の1日目!

 

先週までは当店で最も熱く盛り上がる企画の一つ「ビール祭り」でした。

 

おかげさまで今年も大盛り上がり!

 

ありがたいことに週末も大いに盛り上がりました!

ご来店下さいました皆さん、本当にありがとうございます!

m(__)m

 

 

そんなわけで、帰宅したのは夜中の1時半。

旅行の最終支度やらなんやらを家内はセッセと、僕はぼんやりと。(笑)

 

風呂に入って何やかんやで3時半に。

結局家内は寝ずに出発。

僕は15分だけ辛うじて睡眠を。

 

 

4時に麻奈美ちゃんの自宅に迎えに行き、そのままセントレアへ。

車中、家内と麻奈美ちゃんは爆睡。

翻って、娘は目がギンギンに!(笑)

 

 

セントレア到着後は荷物を預けて、検査場へ。

6時出発那覇行きのスカイマークに搭乗!

 

 

 

機内ではタブレットで「LEADERS」を鑑賞!

しかし胸熱の内容過ぎて、涙と鼻水が。。。

隣の人もいぶかしく思うので、途中で窓の外を眺めることに。(笑)

 

 

 

眼下には南の島が!

 

もうね、ここからはウキウキウォッチング!

 

そんなこんなで、一旦那覇空港に到着!

(貧乏旅行なので、直行便は使えないんです!)

 

 

 

去年までの目的地、那覇空港に到着しても、「まだ」という感覚。

 

一旦荷物を受け取り、再び検査場。(ちょっと面倒)

 

そして、再び搭乗口!

 

 

まだ午前9時だというのに、まずは乾杯オリオン!

 

空港内とは言え、青い空を眺めながらのオリオンビールは最高です!

頭もじんわり沸いてきております!

 

 

南ぬ島(ぱいぬしま)へ

 

 

ANAの石垣行に乗り込み1時間。

 

南ぬ島、石垣空港に到着!

 

 

家内と石垣空港で。

 

でも、「まだ」感覚。

 

石垣空港から離島ターミナル行のバスに乗り、離島ターミナルへ。

 

道中の車窓から覗き見えるのは楽園感いっぱいの石垣島の自然。

 

 

離島ターミナル到着後は、

 

 

とりあえず、ブルーシールで乾杯!(笑)

 

 

 

そして偉大なるチョッチュネーと記念撮影!

 

乗船時間をそんなこんなで待ち、波照間行きの高速船に乗り込み1時間。

 

高速船はハンパない揺れ。

嵐ではないですよね?!

 

 

そんなこんなで結構ぐったり気味で、波照間に到着。

 

港ではホテルの方がお迎えに来てくれていたので、車に乗り込んでホテルへ。

 

 

 

島内でバストイレ付の個室宿は2つしかなく、その中の一つ。

予約を取るのは結構大変。

 

到着したのは午後2時前。

自宅を出発してほんの10時間足らずです。(笑)

 

 

ホテル到着後は水着に着替えて、レンタサイクルで島内散策!

「お昼は適当にどこかへ寄ろうよ」的な気軽さ。

 

 

 

波照間島の様子。

有人島としては日本の最南端。

そして唯一、天気が良ければ南十字星が見られる場所。

 

 

沖縄本島や石垣島でも手に入らない幻の泡盛「泡波」の蒸留所。

残念ながら日曜休みで購入できず。

 

 

最南端の郵便局。

島内ではゆうちょのATMのみ使える。

 

その他にも最南端の交番も。

 

 

で、僕はこの島ナメてました。

 

ご飯食べるところが数少ないのに加えて、ほぼ休み!

ランチ難民の出来上がり!

 

皆フラフラで自転車捜索も実らず。。。

 

最後に訪れたお店で家内が質問。

 

「お店屋さんにこんなこと聞いて申し訳ありませんが、この辺りでご飯が食べられる場所はありませんか?」

 

おじさんが気を悪くするでもなく教えてくれました。

 

「このさきのソコ曲がってそっちの方に行くと(かなりアバウト)、かき氷やさんがもうすぐやるよ。そこでカレー売ってる。」

 

アバウトな説明も神からのお告げ。

自転車でレッツゴー!

 

 

 

噂のお店「みんぴか

2時半に開店して4時まで。

幻のかき氷屋さん。

 

開店待ちをしていると、あっという間に行列。

一番に到着したのに、自転車を射止めてる間に5番目に。

 

 

カレーとオリオン、イェイ!

あとから来た学生グループがカレーを10人前頼むと、10人前は出来ないと言われてしぶしぶ変える姿が。。。

 

(若者たちよ、在るだけ注文してシャアした方が良いぞ!その先は空腹地獄だぞ!)

 

その声は届きませんでした。

 

腹ごしらえ後は日本一綺麗なビーチ「ニシノ浜」へ。

北にあるビーチですがニシノ浜。

波照間の言葉で北はニシというそうです。

 

 

いや~、本当にきれい!

僕のお腹がヤバい!

中根は星の砂集め。

 

 

分かりますか?

 

砂の粒子が見事なまでに丸いんです!

メチャメチャ気持ちいのいい砂浜です!

 

ここでハッとしましたが、もしかしたら今度はディナー難民に?!

 

そんなこんなで慌てて夜の予約を!

 

いくつか予約をしても通じず!

何とか一軒繋がりましたが、予約がいっぱいなので、折り返し電話します!

 

15分後に折り返しがありOKに!ふぅ~。

 

 

ホテルに戻り、夜支度。

そして予約できた「あがん」さんへ。

 

 

 

無事に乾杯!

島料理に舌鼓!

オリオンをぐびぃ~っと!

 

 

そして、幻の泡盛「泡波」。

波照間島の外では価格がかなり上がるらしいです!

 

売ってほしいと頼んでいるお客さんもいましたが、お店の人が丁寧にお断りしていました。

島全体で大切にしているみたいです。

こういうのってすごく大事!

 

ほぼ僕と麻奈美ちゃんで飲み干しました。(笑)

 

 

あがんさん終了後は、石垣市議会事務局長の松原さんから紹介していただいた女将さんが同級生の「ぶどぅまれー」さんへ。

実はお昼に一番に訪れましたが、すでに終わっていました。

 

名物の「おでん」

テビチ入り!

これ絶品!

泡波も置いてありましたが、もすでにヘベレケなので、オリオンに。

 

 

「藤原」ですと名乗ると、「お昼待ってたのよー!」と。

閉店看板に負けずに、扉を叩けばよかった!(笑)

 

ちなみにここの娘さんは元ミス八重山で岡崎市の桜祭りにも来たことがあるそうです。

 

 

 

 

 

女将さんの君子さんと。

すごく良くしていただきました!

本当は夜も一番に来るべきでした。。。

 

帰りの道すがら辺りは真っ暗。

残念ながら曇りで星空はうかがえませんでした。

 

 

ホテルに戻った後は、部屋飲み!

がしかし、記憶が一切ございません!

 

波照間は最高!

 

 

2日目に続く!

(o^-’)b

いぇい!