ゲームに確実の勝つ方法

 皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「ゲームに勝つ確実な方法がある。それは自分のルールでゲームをすることである。」

 サン・マイクロシステムズ創業者の一人、ビル・ジョイさんの言葉です。

 人の感情に振り回される。

 つまり、何かに腹を立てたり、妬んだり、拗ねたり、諦めたり。

 これは相手の世界に属し、相手のルールに振り回されているに過ぎません。

 自分のルールを持ちゲームに勝つのは、主体的に考え、ブレない心持ちが必要です。

 人をの妬み、恨み、現状を人や周りのせいにする。

 出来ないことを言い訳し、ひどい時には自分を正当化するために時間を費やす。

 これは数年前の僕の姿です。

 完全に他人のルールでゲームしている姿です。

 他人のルールでことを運べば、責任はないのでいくらでも文句は言い放題。

 でもそれは自分の人生を生きていない。

 自分のルールでゲーム展開すると好転のチャンスが多いことに気がつくようになります。

 もちろんチームプレーでも。

 自分のルールを持つための方法はシンプル。

 他人を認め、自分をしっかりと認めること。そして分かち合う心のスペースを持つことです。

 このゲームに勝つ理由をしっかりと定め、主導することです。

 昨日、同級生が久しぶりに顔を出しました。

 手が離せなかったので、彼の思い悩む顔を確認しながらも話せずにいました。

 彼の帰りしな、やっと手が話せたので店の外で少し話しました。

 色々あって、どん底にいるようでした。

 涙をボロボロと流して話す彼に僕は言いました。

 「同級生だし、上の方から頑張れよ!なんて言えない。だからお互いちゃんとしよう。僕もお前もまだまだお互い頑張ろう!現状はしょうがない。でもこれからお前がしていくことは、全部周りの人の為になることだぞ。」

 彼は嗚咽しながら何度も何度も頷きました。

 早く自分のルールを取り戻して欲しい。

 好転のチャンスはすぐそばにある。

 時間が合えば、一緒にんで、しっかりと膿を吐き出させてやりたいな。

 そういう状態。僕にはよくわかるよ。

 ってなわけで、色々、色々、今日からも張り切っています!

(o^-‘)b
イェイ!

結婚のご報告!

 皆さん、こんいちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 土曜日も本当にバタバタさせていただきました!
 本当に感謝です!
 そしてそん中で更に幸せな報告をいただきました!
 結婚しましたという報告!
 彼のことは彼が5歳の頃から知っていました。
 旧明月でアルバイトをしていた女性の息子です。
 僕が休日に仕事をしていると、屋台のあった通りからひょっこりと顔を出し、一緒に遊んだり。
 授業参観にも運動会にも参加しました。
 思春期に入り、微妙な年頃になってきたので学校行事に僕が参加するのはやめましたが、でもよく一緒に遊びました。
 中学に入りご多分に漏れずとい感じで横道にそれ、先生の許可をとり明月で働かせていたこともあります。
 半殺しになるまでぶっ飛ばしたこともあります。
 あの時は辛かった。お母さんも泣いていました。
 その後中学を卒業してからは何度も職を変え、たくさん問題も起こし、1年半くらい前からちょくちょく明月に顔を出し始めました。
 仕事も続くようになり、自信もついたんでしょう。少し落ち着いてきていました。
 やがて 彼女も連れてくるようになりました。
 彼女に怒られている様子も微笑ましかった。
 そして結婚の報告。
 おめでとう!
 とうとう君が一番欲しいものを手に入れたね。
 でもこの宝物は維持していくのがとっても大変。
 素直でいること。
 非は認め、謝ること。
 相手を認め、尊重すること。
 騙し合うのではなく、愛し合うこと。
 これはとても難しい。現に僕にも出来ていないことばかり。
 でもはじめに言った、素直でいること。ここだけは外さないこと。
 まだ幼かった君を僕が叱ったとき。
 「男は泣くな!」
 そう言い放つ僕に君は言いました。
 「だって僕は悲しいと涙が出てきちゃう」
 それで良いんです。悲しいときは泣いても良い。だけど男は、それでも歯を食いしばって愛する人を守ってください。
 その素直な心で守ってあげてください。
 本当に本当に、末永くお幸せに。
 君なら素敵な家庭を築いて行けると思います!
 ってなわけで、本日も張り切っております!
 今週も張り切りすぎながら営業です!
(o^-‘)b
イェイ!

全てが資本

 皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「いいか、資本主義経済では全てが資本だ。」

 居酒屋明月大将、藤原荘六さんの言葉です。

 

 って、僕の親父ですね。

 僕が16歳、初めて自分の家以外でアルバイトを始めた時に父に言われた言葉です。

 この言葉は更に続きます。

「自分が資本家だと思って、働きなさい。その職場は自分の会社だと思って精一杯働きなさい。」

 資本主義経済では全てが資本。

 当時は全くチンプンカンプンでした。

 でも今は少しだけ理解ができます。

 自分の体も、与えられた時間も、知識も、経験も、全て資本になりうる。

 限られたリソースの中、どこに集中するのか、どの部分を集中して投資しするのか。

 16歳の僕には後半部分の方が理解できたので、そのバイト先でも活躍することができました。

 それでも自分の会社だと思って働く僕は、勝手なことばかりして叱られることも多かったですが・・・。

 全てが資本。

 本当に身に染みています。

 特に時間。

 全ての人に平等に与えられているものなだけに、この使い方は本当に奥が深い。

 ってなわけで、本日も朝からバリバリに張り切っております! 

(o^-‘)b

イェイ!

愛と知だぜ!

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 土曜日の仕込み後、社員麻奈美ちゃんに誘われて分子科学研究所の一般公開に行ってきました。
 分子科学研究所の皆さんはお客さんということもあり、麻奈美ちゃんは誘われていたそうです。
 昼から業務でバタバタの僕は、30分だけならと了承!
 でも行ってみればこの通りハイテンション!
東岡崎 明月の社長ブログ-1350884347336.jpg
 でも一番にテンションが上がったのはスーパーコンピューター!
 たくさんのタワーからは処理熱を冷ますための風が吹いていました。
東岡崎 明月の社長ブログ-1350884408304.jpg
 こんなお茶目な注意書きが!
 さらにハイテンショ~~~~ン!
 で30分の予定が1時間に!
 そのあとは完全にバタバタロード!
 そして定休日の昨日は名古屋は大須でセミナー参加。
 エールコンサルタント、麻井さん主催の人生計画書作成セミナー!
 電車はゆっくりめを選び電車の中で脳内活性化!
 でもやりすぎで大須までにはぐったり。
(゜д゜;)
 ぼぼぼ僕は、お腹がすいたら親切な人におむすびをもらいなさいと言われたんだな。
 コンビニでおにぎり補給してセミナー会場へ!←お金を払いましたよおにぎり。
 5時間のセミナーでしたが有意義であっという間に過ぎてしまいました。
 少しモヤモヤしていたものが明確になり、スッキリ!
 でも頭はショート寸前!
 悲しいことに懇親会はなかったので、そのまま岡崎へ戻りました。
 家族で食事をし、まだまだ暑い脳みそをOFFにしなくてはと、
 早めの就寝。
 ちなみにセミナーで明確になった僕自身のミッションは、
「家族を愛するために自己の知を常に最大限に高め、その愛と知で仲間達の自己実現を達成する!」
 愛と知ってところがかなり気に入ってます。
 ビバ愛知!
 ってなわけで、今週も張り切っているわけです!
(o^-‘)b
イェイ!

カップヌードルの凄み!

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 カップヌードル。
東岡崎 明月の社長ブログ
 カップヌードル。
 すごいですよね。
 カップラーメンの先駆者。
 そして、今でもNO.1!
 今僕カップラーメンって言いましたけど、よく食べてみるとラーメンじゃないですよね。
 僕が子供の頃から食べてきたラーメンじゃない。
 ヌードル。
 それに何味?
 あの肉は、なんのつもり?
 卵は?
 あんなのラーメンじゃないよ!
 でも美味しいですよね~
 時々無性に食べたくなる。
 あの肉を、あの小さな肉の塊を噛み潰したくなる。
 あの小エビは豪華さの演出なんだって。
 何がすごいってね~
 本当にお湯入れるだけ。
 フィルム剥がして、フタ少し剥がして、お湯注いで、三分!
 どこかのラーメンみたいに
 火薬入れて、粉入れて、直前に油入れて・・・・
 なんて言わない。
 本当にお湯入れるだけ。
 こだわりはそのシンプルさ。
 すごいですよね。
 想いがありますよね。
 簡単に、美味しく。
 だからちゃんとラーメンじゃなくていい。
 これがカップヌードルの凄み。
東岡崎 明月の社長ブログ
 今は色々なテイストがあるみたいですけど、でもあいつだけよ。
 何味って書いてないの。
 でも1971年からずっと売上NO.1!
 個人的にはシーフードが好きだけどね。
 ラーメンじゃないのに、ラーメンって思ってる。
 いつ食べても裏切らない。
 お湯注ぐだけ。
 なに?
 なに?
 なんなの?
 この憎いやつ。
東岡崎 明月の社長ブログ
 この憎いアンチクショー
 カップの!!!!!!!!!この模様なに!
 なんでカップヌードルのドが小さいの?
 そんなお茶目なところも好き!
 本当、すごいよね。
 こんな男になりたいよ!
 でも、
 
東岡崎 明月の社長ブログ
 これは石立鉄男じゃない!
 ってなわけで、本日華の金曜日!
 張り切って参りましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

自分はどこの

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 幼い頃から悩んでますよ。
 自分は何ものなのか。
 いやむしろ、どこのなのか?
 僕はどこのなんだ。
 あいつの問いただされる日々。
 お前はどこの、
 お前はどこの、
 お前はどこの、わかめじゃ?

 エースのわかめです!
 ってなわけで、本日も実に張り切っております!
 昨日もお客様から嬉しいお声をいただきました。
 「ここの社長さんのブログを楽しみに読んでいます」
 もっと調子に乗っちゃおうかな~
(o^-‘)b
イェイ!
皆様、いつも読んでいただきありがとうございます!
$東岡崎 明月の社長ブログ
 これは石立鉄男じゃない!

夢の本質

 皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「たえず続く夢というものはありません。どんな夢でも新しい夢に代わられます。どんな夢でも固執しようとしてはなりません。」

 ヘルマン・ヘッセの小説、『デミアン』より。

 ひとつの夢を永遠に持ち続けないといけないと思っている人って意外に多いですよね。

 アルバイトで入ってくるこの中にも結構います。

 夢を大それたものと思ってしまうあまり、夢を持てなかったり、固執しまうばかりに二進も三進も動けなくなってしまったり。

 僕はそういう子達には言います。

 夢は変わってもいいんだよ。今日の夢と明日の夢が全く違ってもいい。

 でも大切なのは、今持っている夢に全力であること。

 それが次の夢のチカラになる。

 それがトンチンカンなことでも必ずその点は、やがて繋がるんだよ。

 実際、僕はトンチンカンな夢をたくさん持っている人間でした。

 でも今現在、面白いくらい繋がってきています。

 今ある夢も、人との関わりの中でどんどん変化しています。

 これでいいんです。

 夢は生き物なので絶えず変化するんです。

 成長してこそ“夢の本質”なんです!

 ってなわけで、本日もかなりの張り切り具合です!

 

(o^-‘)b
イェイ!

38歳にして。。。

 皆さん、こんにちは!
『東岡崎 明月』の藤原です!
 とうとうやっちまった。
 やっちまったよ。
 今まで散々家内に勧められても断ってきた。。。
 これやったらもう終わりだと思ってた。。。
 もう離れられなくなるって。。。
 もうあの人なしでは生きられないって。。。
 でも、とうとう手、出しちゃった。。。
 腹巻。
 快適だね。
 もう離さないよ。
 お腹が喜ぶんだもん。。
東岡崎 明月の社長ブログ
 こんなにはカッコよくないのだ。
 スギ薬局で買った女性ものなのだ。
 人前では付けないから、これでいいのだ!
 賛成の反対なのだ!
 ってなわけで、今週も張り切って営業なのだ!
(o^-‘)b
イェイ!なのだ!

アイラビュ♪アイラビュ♪ホラホボ~♪

 皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 昨日は本当にたくさんの方のご来店、ありがとうございます!
 またご来店くださったのにご案内できなかったお客様も本当にありがとうございます!
m(_ _ )m
 ところで皆さんには励ましソングはありますか?
 あるいはここぞって時にテンションを上げる歌。
 僕は昨日の慌ただしい厨房でこの曲に励まされました!
 星飛雄馬をも励ました曲。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 橘ルミ率いるオーロラ三人娘の「クールな恋」
 
$東岡崎 明月の社長ブログ
 飛雄馬くんもノリノリの曲。

 イイですね~
 
 アイラビュ♪
 アイラビュ♪
 ホラホボ~♪
 なんて言ってるんでしょうね。
 ミステリアス!
 でも励まされますね~
 さすがルミちゃん!
 そしてテンションを上げたい時はこの曲!

 ゴーストバスターズ
 テンション上がりますね~
 80年代のノー天気さがすごく好きです!
 ってなわけで、今日のテーマソングを週末ソウルに変えさせていただきます!
 ってことで、本日も張り切って参りましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

黒船に衝撃を受ける感性

 皆さん、こんにちは!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

 嘉永6年(1853年)、ペリー提督率いる黒船4隻が浦賀沖に来航します。

 世に言う黒船来航事件です。

 この時、一般の人たちの反応はどうであったのか。

 多くの人は黒船や外国人などを見物と称し楽しんでいたようです。中には黒船を型どったお菓子の販売などもあったと文献などには残っています。

 この黒船事件。幕府側からすれば大事。幕府存亡に関わる一大事。

 そして先鋭的な若者にとっても一大事。国の存亡に関わるわけです。

 さらにその若者たちの中からは、外国人排除に走るもの、国の在り方に疑問を抱くもの、外国の文明に興味を抱くものが現れるわけです。

 このことが、幕末の動乱。そして明治維新へとつながっていったと考えられます。

 さて、この事象から大衆意識は大きく3つに分かれます。

 一般大多数のガヤガヤ、ざわざわ、の見物人。

 体制側の幕府を主語と考える人。

 ごく少数側の国を主語と考える人。

 この際、何が正しいのかという議論は避けましょう。

 ここで大切なのは同じ衝撃を受けた人間の中で、後に主流となって行く人は少数側の中から生まれていることです。

 幕府側と後の維新の志士たちは、絶対数からすれば少数派です。

 この黒船事件による本当の意味でのショックを受けた人たち。

 つまり現象を捉える感性を持っていた人たちに他なりません。

 まず危機感を持つ目。

 現象を捉える感性。

 行動を起こす力。

 こういったものを持ち合わす人たちが次の世界を創り出す能力を持った人だったと考えられますよね。

 現代に落とし込んでみると、超情報化社会に向けて、黒船級のインパクトは頻繁に起こっていると思います。

 そしてきっとこの現象に衝撃を受ける感性を持った人っていますよね。

 最近、いろいろな人たちに触れるにつけ、よくそんなことを思います。

 僕よりもさらに若い人たちに僕は時々衝撃を受けています。

 黒船に衝撃を受ける感性を持った人たちばかりです。

 刺激になりますね~

 本当にすごい!

 オジさん、負けてはいられないです!

 さあ、何が言いたかったのかは纏まらないところで・・・

(↑解る人には解りましたよね!)

 本日華の金曜日!

 張り切って、張り切って、衝撃を受けて営業です!

東岡崎 明月の社長ブログ

 僕にはこの「イエス」が最高の衝撃です!