皆さん、こんにちは!

『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!

 

 

昨日はバタバタでした!

 

本当に感謝しかない!

 

ご来店の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

昨日は大学の卒業を控えたアルバイトさんが、卒論の関係で定刻通りに出勤ができなくなりました。

 

時間だけが過ぎて行く状況。

 

予約のお客様はドンドンご来店くださっていて、満席。

 

スタッフ側は十分に行き届かない状態でのスタート。

 

 

僕も厨房から飛び出して、接客に回りました。

 

でもすぐにオーダーはたまってしまう。

 

 

家内は新人のアルバイト、まー君に急きょ電話をして出勤をお願い。

 

まー君はすぐに駆けつけてくれました。

 

まー君は初出勤からまだ二週間ほどしか働いていません。

 

しかもうちが初めてのアルバイトで、しかも16歳。

 

でも二つ返事で出勤してくれたことに、感動してしまいました。

 

仕事もまだ完全とは言えない中、いきなり満席の中に飛び込んでいき、たどたどしいながらも席を盛り上げてくれました。

 

 

後から聞いてみると、お母さんはこう言ってくれたそうです。

 

「求められてるんならすぎに行きなさい」

 

素晴らしいですよね。

 

確りと家庭教育されている。

 

労働の尊さを確りと教育されている。

 

さすが片桐さんの家庭!←まー君は、昔お世話になったチーフの息子さん。

 

 

 

時間帯からすれば、家族団らんの時間だったのにもかかわらず、快く送り出してくれたお母さん。

 

まだ右も左も分らないのに、忙しい中に飛び込もうとしてくれるまー君の想い。

 

 

何かを頼むと損得勘定で駆け引きしようとする人が多い中で、僕の気持ちの方がむしろ救われた気持ちになりました。

 

こういう子や想いを引き立ててあげられなかったら、そばにいる大人として恥ずかしい。

 

 

まだ未成年のまー君は22時までしか働けません。

 

まー君の退勤時、僕は何度もお礼を言いました。

 

「まー君、本当にありがとう。助かりました」

 

 

まー君はハニカミながら小さな声で応えてくれました。

 

「また呼んでください」

 

これってなかなか言えない言葉だと思う。

 

本当に久しぶりに爽やかな気持ちになりました。

 

お店のピンチも僕の心も救ってくれました。

 

まー君、本当にありがとうございます!

 

 

 

ってなわけで、本日も爽やかに張り切って参りましょう!

(o^-‘)b

イェイ!

 

 

あ!追伸!

 

そんな当店、明月ではアルバイトさんをまだまだ募集しております!

明月で働いてみたい、あるいは明月を紹介したい方、ドンドンお待ちしております!

 

 

詳細はコチラの求人情報から!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア