皆さん、こんいちは!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
 今日はネットで見つけたこんなお話から。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
『ピンク色のカマボコ』
私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。
おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。
ご飯と納豆、とかご飯と缶詰め、とか。
そして食卓にはいつもカマボコが2~3切れ置いてあった。
カマボコは必ず毎日食卓にあった。私はカマボコがおじいちゃんの好物だと思っていた。
中学生になり、私が食事の用意をするようになっても、必ずカマボコを2~3切れ食卓に出し続け
た。
4年前、おじいちゃんが亡くなった時、霊前にカマボコを供えた。
おじいちゃんの好物だと思っていたから。
叔母さん(父の姉、おじいちゃんの長女)に「おじいちゃんカマボコ大好きだったから…」
と言うと「違うんだよ」と言われた。
「違うんだよ。あの人は子供が喜ぶ料理なんてつくれないから困ってたんだよ。」
「カマボコはピンク色だから、女の子が喜ぶと思っていつもカマボコを用意してたんだよ。」
その他にも、両親が死んで叔母さんが私をひきとると申し出た時
おじいちゃんが「俺が育てる」と言って私を離さなかった事などを聞いた。
おじいちゃんはいつもしかめっ面で寡黙でちょっとこわい人だった。
でも両親がいなくなった私に寂しい思いをさせないように一生懸命だった。
参観日に死んだお父さんの服を着て来てくれたこともあった。(サイズ合ってない)
ハンバーグが食べたいと言ったときに挽き肉を丸めて焼いただけのものが出てきたこともあった。
口にも態度にも出さなかったけど、おじいちゃんはすごく一生懸命に私を育ててくれた。

ピンク色のカマボコを見るとおじいちゃんを思って切なくなる。
もちろん今でもお仏壇にお供えする品には、必ずカマボコをそえています。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
 グッときちゃいますよね。
 武骨で生真面目なおじいちゃんが温かくて、可愛いですよね。
 食べ物っていうのは、色々な思いを繋げるものです。
 代表的なのは、我が家のカレーですかね?
 うちは当時でもかなり珍しい父子家庭だったので、料理では美味しい思い出よりもおいしくなかった思い出の方が多いかも。
 親父が茶碗蒸しが作りたくて、豆腐を崩して蒸したとか、
 庭のドクダミを天ぷらにして皆がおなか壊したりとか、
 何にでも隠し味で蜂蜜を入れるとか、、、、
 そんなおいしくない思い出も、必ずそこに笑顔があった。
 次の日の朝ごはんのひとつにと、毎晩ヨーグルトかゼリーを買ってくる。
 一日でも食べないとどんどん増えてくる。
 何せ兄弟が三人なので、誰か食べないと増えてしまう。
 僕の親父もまた不器用な人だった。
 でも子供を想うことにかけては、家族を想うことにかけては人一倍強い想いのある人だった。
 自身が早くに両親を亡くしたり、里子に出された経験があるからだ。
 そんな親父の作る食卓が今にして思えば、愛しく思う。
 おかげさまで、ヨーグルトも大好きだ。
 ってなわけで、本日は花の金曜日!
 張り切っているしだいですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア