皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
 あ~ぁ
 あ~ぁ
 あ~ぁ
 気になっちゃた!
 あの警察のマーク。
 桜の代紋とも言うらしいやつ。
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 そう、これ。
 なんがモデル?
 なんなのこのマーク!
 気になるでしょ?
 
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 ね?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 ね?ほら?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 完全に気になるでしょ?
 なんであのマークなの?
 なんで警察はあのマーク?
 気になるでしょ?
 夜も眠れないでしょ?
 気になって仕方ないでしょ?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 別に。
 いやいや、気になりますよ!
 でね、ウィキっちゃった!
旭日章(きょくじつしょう)は、昇る朝日と陽射しをかたどった紋章。日本の警察のほか、多くの日本の国家機関のシンボルマークとして用いられる。日章(にっしょう)、旭影(きょくえい)、朝日影(あさひかげ)、桜の代紋ともいう。家紋とする場合には旭光(きょっこう)とも呼ばれている。
日本において、もともとは明治時代初めに陸軍の帽章として用いられた。のちに陸軍は五芒星を用い、旭日章は将校准士官の正装の帽章とされた。
警察の紋章としては、明治8年(1875年)に「円形万筋彫込(えんけいまんすじほりこみ)」と呼ばれる意匠が採用され[1]、明治15年(1882年)には「日章」(陸軍憲兵の徽章と同じく六角形)が採用され、「朝日影」は「日章」の略称として使用されていた。この六角形の「日章」は、第二次世界大戦後に廃止され、昭和23年(1948年)に現在の五角形の「日章」が正章として採用された。警察官の服制に関する規則(昭和31年国家公安委員会規則第4号)等の法令には、「日章」と規定される。「東天に昇る、かげりのない、朝日の清らかな光」を意味するという。
 なんだって!
 朝日の清らかな光だって。
 すごいね。
 そういうことなのか~
 よく解らないけど、謎は解けたよね!
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 警察だ!
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 逮捕されたかったよね!
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 別に。
 ってなわけで、よく解らなくても張り切ってるわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア