皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 居酒屋明月』の藤原です!
 まずはこちらをご覧ください!

 ね?
 ね?
 気になるでしょ?
 だ・か・ら
 ペッパー警部ってなに?
 胡椒?
 もしかしたら紙?←それはペーパー!
 紙?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 これはぺー・ぱー!
 で、ぐぐりましたよ。
 グーグルですよ。
 ウィキりましたよ。
━─━─━─━─━─
解説[編集]
作詞した阿久悠は、ピンク・レディーは8月25日にデビューするようなあまり期待されていない新人であったために、作曲の都倉俊一と共に自由に創作できて幸運だったと述べている[1]。
当初はレコード会社側の意向でB面に収録されている「乾杯お嬢さん」の方がA面になる予定だった。だが阿久と都倉は「これではキャンディーズと何ら変わりがない」と批判し、本曲がA面として採用された。
レコードでの歌唱にはなかったが、実演の際には曲の最後に「ペッパー警部よ」というセリフをつけるのが定番であった[2]。ミニスカートで股を開く土居甫の振り付けに対して、下品であるなどの批判の声も上がった[1]。
この曲が発売された頃、ロッキード事件が世間を賑わしていたため、政治家の逮捕劇を想定して書いたのかと阿久はよく聞かれたが、実際は突然ひらめいたのであり、その根拠には『ピンクパンサー』のクルーゾ警部、1950年代の曽根史朗のヒット曲「若いお巡りさん」、落語の『くしゃみ講釈』、当時売れていた清涼飲料水(恐らく「ドクターペッパー」)、ビートルズの大ヒットアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』などが含まれていると自己分析している
━─━─━─━─━─
 ね?
 でしょ?
 って、わかんないじゃん!
 結局何?
 みんな知ってるの?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 ドクターペッパー?
 みんな知ってるの?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 若いお巡りさん?
 みんな知ってるの?
$串焼きホルモンが自慢 東岡崎 居酒屋明月の社長ブログ
 ペーパー?
 ( ・(ェ)・)・・・・。
 知りたいよね。
 知りたいですよね。
 どの辺がペッパーなのか。
 
 ペッパーは何者なのか。
 気になりますよね。
 ますます気になりますよね。
( ・(ェ)・)ふーん。
 ってなわけで、本日もピリリと張り切っているわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア