皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「ディズニーが「絵を描かない」と決めた判断力はすごかった、と僕は思います。なぜならそのことによって、ディズニー自身が「自分で描いていることの狭さ」から脱出できたのですから」
 スタジオジブリ、高畑勲さんの言葉です。
 すごく深いですね~
 一部を除いて、ほとんどの仕事に当てはまる重要な考え方ですね。
 ディズニーが生涯漫画を描き続けていたら、有名なアニメーターとしてその生涯を終えたかもしれません。
 しかしディズニーは事業家という側面も持っていました。
 ディズニーは掻く事を辞め、アニメを(夢を)一つの産業として社会に届けるという決断をしました。
 その実現が、ディズニーランドであり、世に送られ夢を与え続けている数々のディズニーアニメたちたちです。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 仕事とは人に任せることで、大きくなります。
 自分という範囲内でこなそうと思うと、結局自分以上の仕事はできません。
 夢や目標を語り、数々の人達を巻き込んで、仕事をお願いする。
 その人達は自分には無い才能で、その夢を育ててくれるのだと僕は考えています。
 自分の力に限界を感じるのではなく、自分の仕事を人に託し、育てることは、何も事業家ばかりの特権ではありません。
 仕事とは自分の手を離れたときにこそ、大きく羽ばたくのかもしれません。
 ってなわけで、本日も張り切っているわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア