皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 先週の台風通過後から、急速に秋めいてきました。
 秋めく。
 この言葉すごく好きです。
 秋めくの『めく』
 気になりますよね。
 春めく。夏めく。秋めく。冬めく。
 ときめく。
 この「めく」という言葉は、はっきり感じたときに使う動詞です。
 さてこの季節はなぜか、シルヴィ・バルタン。
 あなたのとりこ。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 微かに透き通る秋の風を思わせる歌声です。

Comme la mer qui frappe le rocher
obstinement sans jamais desarmer
par le malheur on est souvent frappe’
Mais l’amour seul peut nous sauver
岩にあたる潮のように
かたくなに決して容赦されることなく
不幸にも人は時に打ちのめされる
でも愛だけは私たちを救ってくれる
Comme la joie revient apres les pleurs
apres l’hiver revient le temps des fleurs
au moment ou’ l’on croit que tout se meurt
l’amour revient en grand vainqueur
涙の後 喜びが戻るように
冬の後 花の季節が戻るように
ちょうど人が「全ては死ぬものだ」と思う時に
愛は勝利者となって戻ってくる
秋はけして失われる前の季節ではなく、
花の季節に戻るための、
深呼吸するためのひと時なのだ。
 ってなわけで、連休中も張り切っているわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア