皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 さてさて、9月13日。
 我々夫婦の結婚記念日というやつです。
 8年前の今日、入籍したわけです。
 本当に貧乏で(今も変わらず)、何も無いスタートでした。
 先日ブログにも書きましたが、式も、指輪も、旅行もしなかった。
 特に今日と日を記念にという頭も無く、書類がそろった時点での届出でした。
 すでに一緒に暮らしはじめていたので、その日の早朝に家内は豊田の実家に挨拶に行き、僕は親父に今日届出を出す旨を伝えた。
 家内が戻ってくると朝一で役所に届け出て、その足で仕入れに行き、昼前には店で仕込みをはじめていた。
 家内にしては本当に味気ない一日になってしまったとも思う。
 でも僕にとって重要なのは、セレモニーよりも日常だった。
 お金が無くて何もしてやれなかったけれども、日常の中にある幸福をたくさん見つけることが出来た。
 飛びっきり輝ける日は無かったかもしれない。
 毎日が判で押したように同じような日常だったかもしれない。
 でも同じような毎日でも、僕たちはそこに小さくても花を見つけてきた。
 小さな小さな名前もないような花だ。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 これからも同じだと思う。
 僕たちは代わり映えしない日常を繰り返し、小さな花を目で明日を迎えるのだ。
 いつの日か、ホッと一息でもつき、僕たちは後ろを振り返る。
 そしてその時、二人で重ねて歩いてきた道筋に花束を見るのだ。
 かけがえの無い、たった一つの、小さな花を寄り集めた、我々だけの花束だ。
 そのときにこそ、あの味気なかった我々のスタートがより一層輝いて見えるのだ。
 昨夜日付が変わったあと、僕は家内に言った。
 「結婚記念日だ」
 家内が微笑んだ。それだけでいい。
 それだけで、輝かしい今日という日なのだ。
 僕たちはそんな一コマ一コマに、今日も小さな花を愛でている。
 それは明日にだって変わらない。
 なんてね、またちょっとおセンチになっちゃった!
(●´ω`●)ゞてへへ!
 そんなこんなで、本日も輝かしく張り切っているわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!
$東岡崎 明月の社長ブログ

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア