皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 その昔。
 今からおよそ35年余り昔。
 ん~ん、昔。
 時は僕はね。
 自分のことを、僕とは言わず、「ちゅーちゃん」って言ってたんです。
 しゅーちゃん、とも言えなかった。
 三歳の夏。
 四歳の冬には弟が生まれました。
 五歳の秋が過ぎ、小学校入学を控えた春。
 もうすぐ6歳。
 僕はまだ「ちゅーちゃん」。
 ある時家に帰ると弟が言うわけです。
 自分を指差し、言うわけです。
 「僕ね~」
Σ(゚д゚;)え!
 ショックでしたよ!
 ショッキングでしたよ!
$東岡崎 明月の社長ブログ
 あまりにも、ショッキングでしたよ!
 ショッキング・ピンクですよ!←何が?( ・(ェ)・)
 全身に電撃が走り、その直後から僕は生まれ変わったわけですよ!
 「脱・ちゅーちゃん」
 そして、僕の人生が始まったわけです。
 そんな中ですよ。
 第二の衝撃がたった今ありました!
 娘が、娘が、MUSUMEが!
 2歳の娘が「わたし」って!
Σ(゚д゚;)え!
 もう親父越え?
 早くも親父越え?
 すでに親父越え?
$東岡崎 明月の社長ブログ
 そんなもんなんですか?
 世の中って?
 だってそうですよね。
 一皮剥けるのも弟のほうが早かったしなぁ~
 子供生まれるのも弟のが早かったしなぁ~
 一皮。
 HITOKAWA?
( ・(ェ)・)・・・・・。
 そう!
 でもお父ちゃんは!
 お父ちゃんなんだぞ!
ヾ(@°▽°@)ノ頑張れ、オレ!頑張りすぎろ!
 ってなわけで、本日も最高に張り切っているわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア