皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「行きづまりは展開の一歩である。」
 作家、吉川英治さんの言葉です。
 作家さんらしい、創造的な言葉ですね~
 行き詰れば次の展開を考えます。
 行き詰まりのフラストレーションが、マンネリの殻を破り、溢れ出すからこそ展開を欲しがるのです。
 行き詰まり、立ち止まり、暖めること。
 力を内面に蓄え、春、一気に噴出させる。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 芽生えとは、行き詰まりの先にあるものです。
 行き詰まりを楽しむことは難しいかもしれない。
 でもその先の展開。
 あるいはこの閉塞感を展開と捉えることで、次に対する想像力を描くことができるのかもしれません。
 ってなわけで、本日も張り切ってまいりましょー!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア