皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 ちょっと懐かしい話。
 そうは言ってももう20年位前。
 就職のために滋賀県へ。
 右も左もわからない街での一人暮らし。
 しばらくして彼女も出来て、でも稚拙な恋愛。
 僕は自分のことばかり。
 いつも自分を押し付けてばかり。
 当然、数ヶ月でおしまい。
 泣かせてばかりだし、いつも不安そうに僕のことを見ていた彼女。
 もしかしたら一番楽しかったのは最初のデートのときくらいだったかもしれない。
 まだ車の免許の無い僕を、2つ年上の彼女は、彦根城へ連れ出してくれた。
 城好きの僕のためだ。
 もうすっかり夜で、僕達はお城近くの駐車場を探していた。
 彼女が探すのは無料駐車場。
 僕がいくら有料駐車場を指差しても一向に聞き入れようとしない。
 ああでもない、こうでもないと言い合いし、結局何故か帰ることに。
 琵琶湖の沿岸を車では知らせながら、また今度は明るいうちに行こうと笑いながら話した。
 結局、行けなかったけど。
 別れ話の次の日はたまたま仕事が休みだった。
 特にすることも無く、まだ馴染めない街をふらふらとした。
 稚拙な恋だけに悲しいのかそうじゃないのか、よく分からなかった。
 たまたま見つけたCDショップに入り、タイトルに吸い寄せられて8センチディスクを手に取った。
 「好きになって、よかった」
 お金も無かったけど、何となく買って、部屋へ帰った。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 彼女は僕とのことをどんな風に思っているだろ。
 曲を聴きながら、今更ながら考えた。
 僕の剣幕に押し黙ってしまう彼女。
 いつも黙々と部屋の掃除をしていた彼女。
 忙しい僕が先に仕事に出ると、必ず手紙で励ましていてくれた彼女。
 ラジオから流れてくる曲で雰囲気が良くなると、怖がってラジオの電源をOFFにしてしまう彼女。

 懐かしいね。
 本当に稚拙で、困らせてばかりの恋愛だったけど、この曲を聴くと蘇ってくるね。
 
 ってなわけで、センチメンタルな38歳のオヤジは今日も存分に張り切ってるわけですよ!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア