皆さん、こんにちは!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
 ここのところ、社員の麻奈美ちゃんがディズニーの勉強をしている様子。
$東岡崎 明月の社長ブログ
 あっ!間違えた!
$東岡崎 明月の社長ブログ
 今朝も仕込みをしながら、ディズニーランドの接客やミッションについて色々話しました。
 そんなこんなで素敵なお話のシェアです!
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
『ディズニーランドのお子様ランチ』
東京ディズニーランドの中にあるレストランでのお話です。
若い夫婦が二人でそのレストランに入りました。
店員はその夫婦を二人がけのテーブルに案内し、メニューを渡しま
した。
するとその夫婦はメニューを見ずに
 「お子様ランチを2つ下さい。」
とオーダーしたのです。
店員は驚きました。
なぜなら、ディズニーランドの規則で、お子様ランチを提供できる
のは9歳未満と決まっているからです。
店員は、
「お客様、誠に申し訳ございませんが、
 お子様ランチは9歳未満のお子様までと
 決まっておりますので、
 ご注文はいただけないのですが...」
と丁重に断りました。
すると、その夫婦はとても悲しそうな顔をしたので、店員は事情を
聞いてみました。
「実は…」
と奥さんの方が話し始めました。
「今日は、亡くなった私の娘の誕生日なんです。
 私の体が弱かったせいで、娘は最初の誕生日を迎えることも
 出来ませんでした。子供がおなかの中にいる時に主人と
 ”3人でこのレストランでお子様ランチを食べようね”
 って言っていたんですが、それも果たせませんでした。
 子どもを亡くしてから、しばらくは何もする気力もなく、
 最近やっと落ち着いて、亡き娘にディズニーランドを見せて
 三人で食事をしようと思ったものですから…」
店員は話を聞き終えた後、
「かしこまりました」
と答えました。そして、その夫婦を二人掛けのテーブルから、四人
掛けの広いテーブルに案内しました。
さらに、
「お子様はこちらに」
と、夫婦の間に子供用のイスを用意しました。
やがてそのテーブルには、お子様ランチが3つ運ばれてきました。
その店員は笑顔でこう言いました。
 「ご家族で、ごゆっくりお過ごし下さい」
この夫婦から後日届いた感謝状にはこう書かれていました。
「お子様ランチを食べながら、涙が止まりませんでした。
 まるで娘が生きているように、家族の団らんを味わいました。
 こんな体験をさせて頂くとは、夢にも思っていませんでした。
 もう、涙を拭いて、生きていきます。
 また来年も再来年も、娘を連れてディズニーランドに行きます。
 そしてきっと、この子の妹か弟かを連れて行きます。」
さて、この店員の行動は明らかに規則違反です。
しかし、この行動について上司からお咎めを受けることはありませ
んでした。
なぜなら、この店員はディズニーランドが最も重要視しているルー
ルに従って行動したからです。
お客さんに夢と感動を与えることだったからです。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 何度読んでもでも号泣です。
 夢と感動とかけがえの無い四人掛けのテーブル。
 自分たちは何を売っているのか。
 自分たちはそれを提供することで何を共有しようとしているのか。
 ディズニーランドの魅力は楽しいキャラクターたちだけではなく、全てのキャストさんたちによって存在しているんですね。
 ミッションの共有。
 先月末のミーティングで話し合いましたね。
 当店明月のミッションは「ちょっとね!をお客様と共有すること。」
 お客様の生活中の日常にある、ちょっとね!(ドラマ)を良いことも悪いことも共有し、社会を豊できるコミュニケーションツールでありたい!
 ってなわけで、本日花の金曜日も大いに張り切ってまいりましょー!
(o^-‘)b
$東岡崎 明月の社長ブログ
 ラストサムライ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア