皆さん、おはようございます!
 『東岡崎 明月』の藤原です!
「幸福な家庭の顔はお互いに似ているが、不幸な家庭の顔は、どれもその不幸な顔は違っている。」
 トルストイの言葉です。
 これ、ドキっとする言葉ですよね。
 言われてみれば確かにそうかもしれません。
 幸せは共有できるものですが、不幸というのはそれぞれ共有できるものではありません。
 それがゆえ、バラバラです。
 これって会社や組織においても全く同じです。
 不幸な会社は皆不満顔。それもその不満は個々別々。
 転じて幸せな会社は皆活き活きと笑顔を共有しています。
 不満や不幸の理由は様々ですが、幸福の条件って意外と共通してますもんね!
 ってなわけで、本日も張り切っております!
(o^-‘)b
イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア