皆さん、おはようございます!

 『東岡崎 明月』の藤原です!

「大きな問題に直面したときは、その問題を一度に解決しようとはせずに、問題を細分化し、その一つひとつを解決するようにしなさい。」

 アメリカの実業家、アンドリュー・カーネギーの言葉です。

 昨日社員の麻奈美ちゃんと話していて、僕は彼女に同じことを言いました。

 そして細分化した問題は無理やり100書き出して、出来そうなものから番号を付ける。

 簡単なものからクリアしてゆくといつの間にか大きな問題は解決している。

 少しそれますが、特に男の場合、問題を大げさに語ってしまうことがあります。

 昔の彼女の前で、当時の僕はやはり問題を大きく語りました。

 その彼女は言います。

 「解らない。もっと解りやすく言って欲しい。」

 僕は事を解りやすくほぐして話します。

 「解らない。」

 僕は更にほぐします。

 「解らない。」

 僕は更に更にほぐし、結局笑ってしまいます。

 ほぐしすぎ、単純化された僕の問題は大した問題ではなくなってしまいました。

 大抵の場合、問題を大きくしているのは自分です。

 問題の鍵は、解決の糸口は、脳みその中にあるのではなく、心の中にあったりします。

 細分化し、単純化してみる。

 この問題の本質は何んなのか。

 そう考えると、結構楽になりってきますよね!

 ってなわけで、週の真ん中水曜日!

 本日も張り切ってまいりましょー!

(o^-‘)b

イェイ!

[`yahoo` not found]
Facebook にシェア